PwnageTool 4.1でJailbreak iOS 4.1

検証が済んだので、Tutorialとして掲載。対応デバイスは下の画像にあるように、iOS 4.1がインストールできる全てのデバイスとiPad(iOS  3.2.2)。

必要なファイルは、PwnageTool 4.1(DEV-TEAM BLOGからダウンロード)とデバイスごとのiOS 4.1ファームウェア(以前のエントリー「iOS 4.1がリリースされた」に記載したオフィシャルリンクからダウンロード)。

iPadのiOS 3.2.2ファームは、ここからダウンロードできる。

Apple TV 2GのiOS 4.1ファームは、ここからダウンロードできる。

リストア(復元)に必要なのは、iTunes 10.0.1(最新バージョン)。最初にインストールしておくこと。

PwnageTool 4.1

PwnageTool 4.1

PwnageToolを起動して、デバイスの選択画面になったら、画像のようにクリックして当該デバイスが選択された状態になったのを確認して右矢印をクリック。

 4.1ipswファイル選択画面

4.1ipswファイル選択画面

今回のバージョンからExpert modeを選ぶと、ipswファイルを探しにいかずに、すぐにブラウズできるようになった。表示されているBrowse for IPSW‥をクリックして、右矢印をクリック、ダウンロードしておいたiPhone2,1_4.1_8B117_Restore.ipswファイルを選択すると次の画面になる。

PwnageToolカスタマイズ選択画面

PwnageToolカスタマイズ選択画面

オリジナルのSIMカードをアクティベーションに使えるなら、Generalを選んで、Activate the phoneのチェックを外す方がよいとDEV-TEAM BLOGには書かれているが、外すようにとの指示ではないので、Buildを選択して右矢印をクリック(iPhone 3Gの場合に限り、boot logo変更項目のオプションがあるので必要のない場合には、Generalを選んでチェックを外すこと)。

カスタムファームウェア作成中

カスタムファームウェア作成中

カスタムファーム作成のアニメーションが始まり、途中、Macのパスワードを入力する画面がでるので、入力。後は、iPhone2,1_4.1_8B117_Custom_Restore.ipswファイルが作成されるのを待つだけだ。

以前のPwnageToolでは、作成が終わるとihaz Success!と表示されたのだが、今回はすぐにDFUモードにするようにとの指示が表示される。PowerボタンとHomeボタンを押して等の指示とカウントまで表示される(どうもiPhone 3Gの場合に限り、ihaz Success!と表示されるらしい)。

DFUモードへの指示

DFUモードへの指示

指示のとおりにDFUモードにすると、下の画像のようにDFUモードに入ったことを表示してくれる。

DFUモード

DFUモード

続いて、iTunesを起動すると、復元が必要なiPhoneを見つけたとしてリストア(復元)ボタンが表示されるので、optionボタン(Windowsならshiftボタン)を押しながらリストア(復元)ボタンをクリックする。

リストアファームウェアを選択する画面になるので、先ほどPwnageToolが作成したカスタムファームウェアiPhone2,1_4.1_8B117_Custom_Restore.ipswを選択する。

後は、iTunesがカスタムファームをインストールするのを見守るだけだ。自動で再起動して、iTunesと同期する。これでJailbreaking iOS 4.1の完了。

restore中

restore中

Cydiaを起動して、いくつかのアップデートをインストールしたら、もう一度Cydiaを起動して、下にあるManageをタップ。続いて、Sourceをタップすると下の画面になるので、

Cydia:Manage > Source

Cydia:Manage > Source

repo666.ultrasn0w.comをタップして、ultrasn0wをインストールすると、Unlockingも完了。

JailbreakとUnlockimgが終わったら、iTunesから設定やらApp、Music等々のバックアップを戻して無事終了。

information

information

iOSのバージョンが4.1になっているが、モデムベースバンドは05.12.01のままだ。