Jailbreak iOS 4.2.1 on iPhone3GS(unofficial)

Old bootromのiPhone 3GSで、modem badbandが05.13.04以下なら、modem badbandを06.15.00へ上げることなくJailbreak&unlockが可能だ。但し、unofficialな方法を使うことになる。

必要なファイルとToolは以下のとおり。

PwnageTool_4.1.3_Unlock_Edition:iPHONE DEV-TEAM BLOGのオフィシャルサイトからダウンロード

iPhone2,1_4.2.1_8C148a.bundle

CydiaへのPatchファイル(cy.zipフォルダ

iPhone 3GS用のiOS 4.2.1.ipswファイル

iTunes 10.1

Cyberduck(現在ver.3.7)with Mac

WinSCP(現在ver.4.2.9)with Windows

Cydiaアップデートファイル:cydia_1.0.3366-1_iphoneos-arm.deb

iPhone2,1_4.2.1_8C148a.bundle

iPhone2,1_4.2.1_8C148a.bundle

まず、PwnageToolを右クリックでパッケージの内容を表示させ、Contents > Resources > FirmwareBundlesと開き、iPhone2,1_4.2.1_8C148a.bundleをコピーする。

ファイルを閉じて、PwnageToolを起動。

PwnageTool

PwnageTool

Expert modeにしてiPhone 3GSを選択、次へ。

PwnageTool

PwnageTool

Browse for IPSW…をクリックして、正規のiOS 4.2.1.ipswファイルを選択する。ファイルを確認すると自動的に次の画面へ移動する。

PwnageTool

PwnageTool

Generalをクリックして次へ。

PwnageTool

PwnageTool

Activate the phoneのチェックを外し、Root partition sizeを適当に。1000という数字は、おまじないのようなものなので、それにしなければならないというわけではない。

PwnageTool

PwnageTool

右矢印をクリックしてこの画面に戻ったら、Buildをクリックして次へ。カスタムファームの作成にはいる。途中、Macのアクセスパスワードを聞いてくるので、入力。終了すると、iPhoneをDFUモードにするための手順とカウントダウンが始まる。それに合わせてiPhoneをDFUモードにする。

DFUモードになったら、iTunesを起動。復元する必要があるiPhoneを見つけました、というダイアログが出るので復元する方向でOKをクリック。

Optionボタンを押しながら復元をクリックすると、使用する.ipswファイルをブラウズするようになるので、作成されたカスタムファームを選択する。あとは、iTunesがiPhoneをリストアするのを待つだけ。

リストア(Jailbreak)が完了したら、そのままバックアップを復元してもいいが、とりあえずiTunesを終了させ、WiFiの設定をする。WiFiの設定で使われるIPアドレスが必要になるので、覚えておくこと。後で見直してもいいけどね。

Cyberduck

Cyberduck

Cyberduckを起動して、新規接続からSFTPを選び、サーバー欄には先ほど設定したiPhoneのIPアドレスを入力。ユーザー名はroot、パスワードは変更していなければalpineと入力して、接続をクリック。

接続が確立されたら、/Application/Cydia.appフォルダへ、cy.zipを解凍してできた「cyフォルダにあるCydia.patch」をコピーする。

Cyberduckのメニュー、移動からターミナルで開くを選択。

ターミナルが起動して、本当に接続するのか?と尋ねられるので、「yes」。続けて、iPhoneのroot passwordを入力する。

Cydiaへのpatch

Cydiaへのpatch

続けて、ターミナルに、

apt-get update
apt-get install bsdiff
cd /Applications/Cydia.app/
cp Cydia_ Cydia.bak
bspatch Cydia.bak Cydia_ Cydia.patch
chmod +x+s Cydia_
と入力/enterを繰り返す。最後にexitと入力してターミナルを終了する。

Cyberduckで/usr / libへ、「cyフォルダにあるlibsubstrate.dylib」をコピーして、iPhoneを再起動。これで、CydiaがiOS 4.2.1でも起動する。
Cydia 1.0.3222-73

Cydia 1.0.3222-73

続けて、Cydiaをアップデートする。

Cyberduckに戻り、/private/var/rootを開き、Mediaフォルダの中にメニュー > ファイル > 新規フォルダでCydiaフォルダを作成、続けて、Cydiaフォルダの中にAutoInstallフォルダを作成し、そのフォルダの中に、用意したCydiaのアップデートファイル「cydia_1.0.3366-1_iphoneos-arm.deb」をコピーしてiPhoneを再起動。

Cydia 1.0.3366-1

Cydia 1.0.3366-1

これで、Cydiaのおかしな表示が修正される。