SIM Free iPhone 5をdocomoで使うメリットは?

 

iPhone 5予約開始後に、nano sim提供を示唆するようなツイートをした日本通信の三田聖二社長(@FSSanda)だが、発売された後には、上にあるように「iPhone 5でなくてもいいんじゃないか」というニュアンスに変わっている。

つまりは、SIM FreeのiPhone 5にdocomoのSIMを入れても、(現状)LTEは使えないということが判明したから、別にLTEなしでもFOMA 3Gで十分というニュアンスにならざるを得ないということだ。

となると、日本通信、ひいてはdocomoからnano simが出ることは(当分の間?)無さそうだ。

で、さらにFOMAプラスエリアもアウトとなると、docomoでSIM FreeのiPhone 5を使うメリットはどこにあるのか?ということになる。

もっとも、使い方によっては十分にメリットがあるのだが、ある意味それは特殊な使い方なので、通常のdocomoユーザーには向いていないし、キャリアの側にもメリットを見いだせない。

それは、i-modeだとかの余計な契約なし(もちろんパケホ契約もなし)のガラケー契約(FOMAのバリュープランで通話だけをファミ割りとかひとりでも割で50%OFF、それだけの契約)したSIMでiPhoneを運用。データ通信は「BIGLOBE WiMAX」等で、というもの。

これなら、FOMAのバリュープラン料金(+無料通話分を超えた通話料金)+WiMAX(使用量の制限なし、もちろんiPhone以外にも使える)の使用料(トータル最安5000円以下)でiPhone 5を運用することになるので、メリットがあると言えるかもしれない。

それでも、SIM Free iPhone 5のイニシャルコストを捻出する必要があるから、docomoのmicro simをカットしてまで使う意味があるのか疑問は残る。

さて、どうしたものか?

SIM Free iPhone 5は、カットしたドコモSIMで使える!!らしい

nano sim

nano sim

本日、めでたくiPhone 5が(香港でも)発売されたことで、早速、週間リスキーが「SIMフリー版iPhone 5にドコモのSIMをカットして入れてみた:週間リスキー」というタイトルで速報記事を掲載している。

SIM Free iPhone 5は、Micro SIMをnano simサイズにカットしたものを認識し、使えたようだ。

但し、100%OK!というわけではなさそうで、「SPモードでもmoperaのAPNでもテザリングの利用は不可だった」という記載もあるが、とりあえず、使えたという事実は大きい。また少し安心した人がたくさんいることだろう。

もちろん、自己責任であることには違いがないので、そのへんよろしく。

iOS 6がリリースされた!!

iOS6

iOS6

iPhone 5の発売を明日に控え、既存のユーザーに向けてiOS 6がリリースされた。

とは言え、Jailbreakerはもとより、Unlockerはおいそれとアップデートするわけにはいかない。とりあえずダウンロードだけして備えるというところか。

で、例によってAppleからのダイレクトリンクを記載しておく。

iPhone 5 GSM
iPhone 5 CDMA
iPhone 4S
iPhone 4 GSM
iPhone 4 CDMA
iPhone 3GS
iPad 3rd-generation  (GSM, CDMA, WiFi)
iPad 2 (GSM, CDMA, WiFi)
iPod touch 4th-generation
iPod touch 5th-generation

「ヨソがヤルならウチもヤル」ということで、SoftBankもテザリング解禁

結局、テザリングの有無が、iPhone 5における販売競争に大きな影響を与えると判断したSoftBankは、本日の会見で「iPhone 5でのテザリングオプションを、2013年1月15日から提供する」と発表した。

基本的にその内容はauと同じ。利用料は525円。但し、年内の申し込みで2年間無料。月間の通信量が7Gバイトを超えると、請求締め日まで通信速度は128kbpsになるのもauと同じ。

また、auのスマートヴァリューに対抗した「4G/LTE スマホ BB 割」も発表した。

「指定の固定通信サービスと4G/LTE 対応スマートフォンをセットで利用すると、2 年間スマートフォンのパケット定額料が 1,480 円割引になる」というもの。

その条件は、「ホワイトコール 24」および「ホワイト BB」「ケーブルライン」「ひかり de トーク S」のいずれかに加入すること。つまりは、BBフォン必須ということで、ここでもau同様に「ネット」+「電話」の契約が必要。

これ以外にも、「4G/LTE スマホ家族キャンペーン」と「スマホ下取りプログラム」の見直しが発表された。

詳細は、SoftBankのサイトから重要なお知らせを開き、プレスリリース(pdf)を開くことで確認できる。

結局、「iPhone 5では7GB制限なし」の文言は、削除、復活と来て、改めてテザリングと引き換えに消滅することになった。

auはテザリングあり! SoftBankはテザリングなし!! どちらを選ぶ?

予約受付も始まって、日本でのiPhone取り扱いキャリア、SoftBankとauから料金等の発表があった。

Softbank

Softbank

SoftBankの料金にはなんら目新しいところはない。しいてあげれば、4G LTE 定額プログラムと、いったいどれくらいの人が使えるのかわからない4G LTE の冠付きの定額プログラムくらい(※追記:こちらにサービスエリアマップが掲載されているが、来年3月末までに拡大予定(あくまでも予定)のエリアの色で、肝心の2012年7月末現在、実際に使用できるエリアの色が塗りつぶされていて、今の自分が生活しているエリアが4G LTEを現在において使用可能かどうかは、非常にわかりにくいようになっている。おかしなことに、来年3月末までに拡大予定のエリアの外側に2012年7月末現在、実際に使用できるエリアがあるのだから始末が悪い。つまりは、都市部であっても歯抜け状態なので、それを隠しているように見受けられる)。

au

au

対するauは、前回の轍は踏むまいということで、基本的な金額は(最大24ヶ月のキャンペーン期間中においては)SoftBankと同じ。但し、誰でも割を使えば(2年縛りだけど、SBはハナから2年縛り)、基本使用料が無料になる。また、固定通信サービスと同時利用で、パケット通信料定額サービスが5460円から3980円に値引きされる。

そして、テザリングオプション(オプション料:525円、但し2年間は無料?)が用意されていることが大きな違い。とは言え、直近3日間に1GB以上の利用があった場合(これはauだけ)、通信速度制限がある。

また、1ヵ月の利用データ量が7GBを超えた場合(これは両社ともに同じ※追記:SoftBankの「2012 年 10 月 1 日以降、毎月ご利用のデータ量が 7GB を超えた場合、請求月末まで通信速度を送受信最大 128kbps に制限する」というのは、iPhone 5においては適用外という話もある)にも通信速度制限がある。

テザリングOKとは言っても、Mountain Lionの再インストール(再ダウンロード)なんてことは間違ってもしてはいけない。

docomoの呪縛から逃れられない人は、SIM FreeのUnlocked iPhoneを調達するか、あるいは、今度もiPhoneを諦めるしかないわけだが、そうでない人は、auとSoftBankのどちらを選ぶのだろう?

それにしても、このままの状況だと、「一部の国々ではテザリングをご利用いただけません」が、一部のキャリアでは…と文言が変わる事になるかもしれないが、まあ、21日まで1週間あるし、(状況的には難しいだろうけど)SoftBankが「ヨソがやるならウチも」というかもしれない。今のところは、何とも言えないというところか(※追記:SoftBank CTO宮川氏の発言によれば、当面は難しいとのこと)。

あれっ、待てよ?「docomoならテザリングができるから」と言っていたスマホ使いは、auのiPhone 5にダイブするのかな?

もし、テザリングができるならと、またまたdocomoからMNP大量流出なんてことになったら、docomoはNano Simを出す事になるかも?まずは、日本通信のアクション待ちだろうけど。

iPhone 5は9月21日発売!!

iPhone 5

iPhone 5

新しいiPhone 5がついに発表された。同時に、iPodシリーズも刷新されて、EarPodsを含めれば5つの製品が発表されたわけだけど、一番驚かされたのは、日本でも9月14日予約受付開始、9月21日発売!というスケジュール。

どうせまた1ヶ月遅れだろうくらいに思っていたら、そんな悠長な話ではなかったということ。香港でも21日から発売されるということだから、SIM Free iPhoneが購入できるのもそう遠くない話ということになりそうだ。