タグ : OSX 10.8 Mountain Lion

OS X 10.8 Mountain Lionの起動用インストールディスクを作成する!!

Mountain Lion

Mountain Lion

インストールディスクを作らずに、OSX 10.8 Mountain Lionをクリーンインストールする!?」なんて記事を書いたように、インストールディスクを作らずともクリーンインストールが可能なので、それでいいかと思っていたが、X86を含めてインストールディスクが必要というリクエストに応えてみる。

例によって、8GBのUSB Driveを使って、インストールディスクを作る事にした。

OS X Mountain Lion インストールを保存してあれば、それを右クリックで内容を表示させる。Contents > SharedSupportと開き、InstallESD.dmgをダブルクリックでマウントする。

ShowHiddenFilesとかの非表示ファイルを表示させるアプリを使い、マウントしたInstall ESDの内容を表示させ、BaseSystem.dmgをダブルクリックしてマウントさせる。

Base in ESD

Base in ESD

USB Driveを接続し、ディスクユーティリティを起動する。USB Driveの内容を消去(初期化)して、選択して復元タブをクリック。

Restore

Restore

上の画像のように、ソースにMac OS X BaseSystemを、復元先にUSB Driveをドラッグして、復元ボタンをクリックする。

USB DriveにBaseSystemが複製され、Mac OS X BaseSystemと名前が変わっているので、その点に注意して、USB Driveの方のMac OS X BaseSystemを開く。

Copy_Packages

Copy_Packages

System > Installationと開く。Packagesのエイリアスファイルがあるので削除し、先ほどマウントさせたInstallESD.dmgの中からPackagesフォルダをコピーする。

InstallESD.dmg

InstallESD.dmg

コピーが終わったら、続けてInstallESD.dmgの中から.disk_Label、.disk_Label_2x、Boot.efi、Kernelcache、mach_kernelをUSB Driveの第1階層へコピーする。これで、起動可能なDiskの出来上がり。

Boot

Boot

実際に、Option Keyを押しながら再起動してみた。上の画像がそれで、左から本来の起動ディスク、リカバリー領域の復旧10.8、USB DriveのMac OS X BaseSystem、Time Machine用のバックアップディスクとなっている。

USB DriveのMac OS X BaseSystemを起動ディスクに指定して起動すると、下の画像のようにOS X インストール画面が開く。

OS Xインストール画面

OS Xインストール画面

もちろん、X86には別途Boot Loaderが必要なのは言うまでもない。