タグ : Apple

「それはすぐそこに」Appleスペシャルイベントの開催が正式発表された!!

It’s almost here

It’s almost here

噂通り、9月12日午前10時(日本時間9月13日午前2時)にiPhone 5が発表されるであろうメディア向けスペシャルイベントを開催する案内が各方面に届いたらしい。

影になっている「5」は、もちろんiPhone 5の事だと思うけど、5つの製品が同時に発表されるなんてことは?

顧客を喜ばせるか、苛立たせるか、それは大きな問題のはずだ

Tim Cook e-mails Apple employees

Tim Cook e-mails Apple employees

Appleの新しいCEOになったTim Cookが全従業員に送ったメッセージを、ars technicaが掲載している。

内容の解析は他のサイトに任せるとして、気になる部分の話を少しだけ。

We are going to continue to make the best products in the world that delight our customers and make our employees incredibly proud of what they do.

Appleらしいなのと思うのはこの件、「世界最高の製品を作り、顧客を喜ばせ、従業員が自分たちの仕事に大いに誇りを持てるように」というところ。

「顧客を喜ばせ」というセンテンスを抜いた「世界最高の製品を作り、従業員が自分たちの仕事に大いに誇りを持てるように」というのなら、他の企業でも言ってそうだけど、日本の企業のように、臆面もなく「おもてなし」なんて言葉を平気で使えるところには、真に「顧客をよろこばせ」ようなんてこれっぽっちも考えていないだろう。

世の中には、わざわざ顧客を苛立たせるようにし向けた製品をリリースしている企業もあるし、それをリスペクトしている輩も大勢いる。結局は選ぶ側の消費者の問題なんだろうな。

そうそう、勘違いされてもいけないので断っておくと、Appleとアップルは別物だから。少なくとも自分の中では、Macintoshを使い始めた20年前からずっと、その感覚は変わっていない。

まあ、それも個人的な感想にすぎないけどね。

スティーブジョブズからの手紙

スティーブジョブズからの手紙

スティーブジョブズからの手紙

8月24日のAppleの取締役会に於いて、Steve JobsがAppleのCEOを辞任し、後継に最高執行責任者(COO)のTim Cookが選出されたとAppleのPress Infoが伝えている。併せて、Letter from Steve Jobsも掲載している。

Steve Jobsは会長職として、Appleにとどまるようだ。

時代は変わる、神の加護で。

システムと電子デバイスの不正使用者を特定する方法

2010年8月19日アメリカ合衆国特許出願20100207721という、上記タイトルのような特許が2009年2月19日にAppleより提出されていたことが判明した。

いったん権限のないユーザーが検出されると、デバイスを自動的に無効にすることができるというようなことが書かれており、アメリカ合衆国では合法とされたJailbreakもハッキングとしてその対象になり、JilbreakされたiPhoneが使えなくなるのではと、少しばかり自虐的かつJilbreakerを煽るような文句で喧伝されたが、2009年6月17日にリリースされたMobileMe Newsの「iPhoneを探す」機能を提供開始、に関係する特許なんじゃないのかと思う。

「たとえば、不正ユーザーが使用する電子デバイスのIDに関連する情報、または電子デバイスの現在の位置を収集することができます。 別の例として、電子デバイスの機能を制限することができます。 電子デバイスの所有者は、不正なユーザに任意の適切な媒体などを通じて、たとえば、ボイスメール、電子メール、またはテキストメッセージを用いて、警告通知を送信することができます。」

「Phoneをなくした場合は、コンピュータからme.comにログインし、「アカウント」の「iPhoneを探す」を使って、iPhoneのおおまかな所在地を地図上で確認したり、iPhoneのスクリーン上に拾い主へのメッセージを表示することができます。また、たとえサイレントに設定されているiPhoneでも、2分間連続して音を鳴らすこともできます。最悪の事態を避けたい場合は、「リモートワイプ」機能で個人データを完全に消去して、iPhoneを初期設定に戻すことができます。」

よく似た語句が並んでいる。正確な翻訳ではないが、上が特許に書かれたもの、下が「iPhoneを探す」機能の説明文。

なんにしても、Jailbreakが合法なのはアメリカ合衆国での話。

b-mobileからiPhone 4 用microSIMカードが販売されるわけだから、iPhone 4が適切な価格で香港等から輸入販売されるようになることを願うのが精一杯かな。