タグ : インストールディスク

OS X 10.8 Mountain Lionのインストールディスクを作る!?

POPULAR POST

POPULAR POST

最近になって、POPULAR POSTの上位に昨年7月の記事「OS X Lionのインストールディスクを作成する」がランクされるようになった。

もっとも、総量がたいした数ではないから、ランク上位だからといってそれでなにかが推し量られるというわけではないけれど、1年前の記事がよく読まれているなんてのは、どこかにその理由があるはず。そう、ものごとにはなにかしら理由がある。

推測するに、来月7月になるとOS X 10.8 Mountain Lionが発売される(今度は1700円だ)。つまりは、そのときのための予行演習が必要ということなんだろう。

もっとも、「OS X LionからSnow Leopardへダウングレード!?」なんて記事(昨年8月掲載)も上位にランクされている現実をみると、少しだけよくわからない気分になるのも事実なんだけど。

さておき、それならということで、予行演習をしてみた。そう、OS X 10.8 Mountain Lionのインストールディスクを作ってみた。

と言っても、まだGMにもならないDP版だから、詳細は伏せる。

手順はこうだ。Lionのときと同じく、OS X installESDの中のBaseSystemをマウントさせ、8GB以上のUSBドライブに復元する。

Disk Utilities

Disk Utilities

復元したら、Lionのときと同様、System > Installと開き、Packageのエイリアスを削除。OS X installESDの中にあるPackageをコピー。これで終わり。

Installation > Package

Installation > Package

Lionのときは、mach_kernelファイルとか、あるいはkernel_cacheファイルとかをコピーしたけど、Mountain Lionの場合にはなし。これで終わり。

USBドライブから起動すると、OS X ユーティリティが開く、その中のメニュー「OS X を再インストールする」を選ぶことで、「Mountain Lion」のインストールが始まる。まあ、その前にMoutain LionをインストールできるMacかどうかの診断をされるけどね。

インストールした後でもインストール用起動ディスクは作成できる!!

Lion install

Lion install

OS X LionをMac App Storeで購入すると、ダウンロードが始まり、約3.5GBのダウンロードが終了すると、すぐに上の画像のようにインストール作業が始まる。

ここで続けるをクリックすると、何の手間もなく(ある意味容赦なく)インストールが粛々と進み、めでたくSnow LeopardからLionへとアップデートされる。

問題なのは、インストールが終了すると、ダウンロードされたOS X Lionインストール.appが消失してしまうこと。

インストール後に、インストールディスクを作成しようとしていた人は慌てることになる。

でも心配はいらない。Mac App Storeで購入したAppは、購入したときと同じIDであれば、もちろんAppが有償バージョンアップとかしていなければの条件付きだが、何度でもダウンロードできる。ましてや、OS X Lionは何台でも手持ちのMacにインストール可能となっている。当然、インストールした後でも、再度、ダウンロードが可能だ。

Mac App Storeを起動し、購入済みのタブをクリックすれば購入履歴が表示される。(Appleのサポート記事HT2727:iTunes Store & Mac App Store:購入履歴とオーダー (注文) 番号を表示する方法

Mac App Store

Mac App Store

このとき、インストールされていないMacであれば、表示されているApp名の横にインストールボタンが表示されている。インストールしてあるMacのときは、Optionキーを押しながら、選択するとインストールボタンが表示される。

OS X LionがインストールされているMacの場合は、Optionキーを押しながらOS X Lionを選択すれば、インストール済み表示がインストール表示に変わるので、インストール表示になったらインストールをクリックすると、再インストール(ダウンロード)が始まる。ダウンロードが終了した時点で、インストールディスクを作成すればいい。

関連記事:※「OS X Lionのインストールディスクを作成する

OS X Lionのインストールディスクを作成する

Lion_install

Lion_install

やっぱりOS X Lionはクリーンインストールしたい。ということで、インストール用の起動ディスクを作成する手順を。

DVD Discに焼いてというのもありだけど、MacBook AirのようにDVD Driveを持たないMacもあることだし、8GBのUSB Driveなら安価で手に入るだろうから、USB Driveを使うことにする(※必要なら、USB Driveの内容をそのままToastすればいい)。

prepartion

prepartion

Mac App Storeからダウンロード購入したMac OS X Lion インストールを右クリックして、Contents > SharedSupportと開き、InstallESD.dmgをダブルクリックでマウントする。

InstallESD.dmg

InstallESD.dmg

UnHidden、TinkerTool、Onyxとかの非表示ファイルを表示させるアプリを使い、マウントしたInstall ESDの内容を表示させる。上の画像がすべてを表示させたもの。

この中にある、BaseSystem.dmgをダブルクリックしてマウントさせる。

USB Driveを接続し、ディスクユーティリティを起動する。USB Driveの内容を消去(初期化)して、選択して復元タブをクリック。

Lion_dmg

Lion_dmg

ソースにはマウントさせたBaseSystem.dmgを置き、復元先には初期化したUSB Driveを置く。復元ボタンをクリックして、USB DriveにBaseSystemが複製されるのを待つ。

package

package

復元されるとUSB Driveの名前がBaseSytem.dmgとなっているので、間違えることのないように、USB Driveを開き、System > Installationと開く。Packagesのエイリアスファイルがあるので削除し、先ほどマウントさせたInstallESD.dmgの中からPackagesフォルダをコピーする。上の画像は、すでにコピーを終えたもの。

コピーが終わったら、続けてInstallESD.dmgの中からmach_kernelファイルをUSB Driveの第1階層(上の画像で言えば一番左、Systemとかがあるところ)へコピー。

これで、MacでもX86でもクリーンインストールできる起動可能なDiskが出来上がる。

但し、X86の場合にはBootloaderが必要になるから、ここへ(USB Driveへ)Chameleon-2.0-RC5-r1003とかをインストールする。そして、起動プロセスの途中、Bios setupで起動ディスクの優先順位をUSB Drive最優先に変えること。

インストール後、X86の環境に合わせた調整が必要になる場合には各自で。

追記:※先達が公開している(但し、DPバージョン)、VMWare FusionへOS X Lionをインストールするための手法では、最後のmach_kernelファイルをコピーする部分が、kernel_cacheファイルをコピーするようになっている。同時に、USB Driveを開き、Library > Preferences > SystemConfigurationと開き、com.apple.Boot.plistをPlist editorもしくは、Text editorで開き、

<key>Kernel Cache</key>
<string>\kernelcache</string>

を追加している。

当方の環境では、mach_kernelファイルをコピーした当初の方法で作成したインストールディスクで問題なく、クリーンインストールできたが、うまくいかなかった場合には、kernel_cacheファイルをコピーする方法を試してみるのもありかと。但し、当方では未検証。

追記:※「VMWare FusionへOS X 10.7 Lionをインストール」を掲載しました。インストール用のイメージファイルを作成する手法(kernel_cacheファイルをコピーする方法)を試してみましたので、出来上がったイメージファイルをDVDに焼けば、起動ディスクになります。もっとも、上のmach_kernelファイルをコピーした方法で作成した起動ディスク(USBメモリー)もToastすれば、同様に起動ディスクになるわけですが。

追記:※7月20日、Mac App Srtoreより「OS X Lion – Apple®」がリリース。

追記:※「インストールした後でもインストール用起動ディスクは作成できる!!」を掲載しました。

追記:※「インストールディスクも10.7.2へアップデート、OS X Lion 10.7.2インストールディスクを作成する」を掲載しました。