カテゴリー : Macintosh

OS X 10.8 Mountain Lionの起動用インストールディスクを作成する!!

Mountain Lion

Mountain Lion

インストールディスクを作らずに、OSX 10.8 Mountain Lionをクリーンインストールする!?」なんて記事を書いたように、インストールディスクを作らずともクリーンインストールが可能なので、それでいいかと思っていたが、X86を含めてインストールディスクが必要というリクエストに応えてみる。

例によって、8GBのUSB Driveを使って、インストールディスクを作る事にした。

OS X Mountain Lion インストールを保存してあれば、それを右クリックで内容を表示させる。Contents > SharedSupportと開き、InstallESD.dmgをダブルクリックでマウントする。

ShowHiddenFilesとかの非表示ファイルを表示させるアプリを使い、マウントしたInstall ESDの内容を表示させ、BaseSystem.dmgをダブルクリックしてマウントさせる。

Base in ESD

Base in ESD

USB Driveを接続し、ディスクユーティリティを起動する。USB Driveの内容を消去(初期化)して、選択して復元タブをクリック。

Restore

Restore

上の画像のように、ソースにMac OS X BaseSystemを、復元先にUSB Driveをドラッグして、復元ボタンをクリックする。

USB DriveにBaseSystemが複製され、Mac OS X BaseSystemと名前が変わっているので、その点に注意して、USB Driveの方のMac OS X BaseSystemを開く。

Copy_Packages

Copy_Packages

System > Installationと開く。Packagesのエイリアスファイルがあるので削除し、先ほどマウントさせたInstallESD.dmgの中からPackagesフォルダをコピーする。

InstallESD.dmg

InstallESD.dmg

コピーが終わったら、続けてInstallESD.dmgの中から.disk_Label、.disk_Label_2x、Boot.efi、Kernelcache、mach_kernelをUSB Driveの第1階層へコピーする。これで、起動可能なDiskの出来上がり。

Boot

Boot

実際に、Option Keyを押しながら再起動してみた。上の画像がそれで、左から本来の起動ディスク、リカバリー領域の復旧10.8、USB DriveのMac OS X BaseSystem、Time Machine用のバックアップディスクとなっている。

USB DriveのMac OS X BaseSystemを起動ディスクに指定して起動すると、下の画像のようにOS X インストール画面が開く。

OS Xインストール画面

OS Xインストール画面

もちろん、X86には別途Boot Loaderが必要なのは言うまでもない。

OS X 10.8 Mountain Lionがリリースされた!!

Mountain Lion

Mountain Lion

噂通りというか予定通りというべきか、「OS X Mountain Lion – Apple」が正式にリリースされた。

インストールディスクを作らずに、OSX 10.8 Mountain Lionをクリーンインストールする!?

どうやら噂通り、7月25日にOS X Mountain Lionはリリースされるようだ。Snow Lepardまではインストールディスクがなければクリーンインストールは不可能だったのだが、Lion以降Recovery HD領域が作られるようになり、そこからBootすれば、それはNet Bootになることから、インストールディスクを作ることなくクリーンインストールが可能になった。

Recovery HD

Recovery HD

LionではRecovery HDと表示されていたが、上の画像のように(DP版、GM版とも)復旧-10.8と表示される。

さておき、App Storeから「OS X Mountain Lion – Apple」を購入して、通常のインストールを行えば、当然のことながらMountain LionのRecovery HD領域も併せて作成される。

Optionキーを押したままMacを再起動させれば、上の画像のように起動ディスクを選択することができる。あるいは、Command+Rキーを押したまま再起動させれば、Recovery HDから起動させることができる。もちろん、このときにはインターネットネットワークに接続されている必要がある。

起動後は、OS X Utilitiesの選択ダイアログが表示されるので、Disk Utilityを選択してContinueをクリック。Disk Utilityが起動したら、先ほどMountain LionをインストールしたHDD(本来の起動ディスク)を初期化(ディスクを消去)してしまう。

今までの感覚では、そんなことはできないはずなのだが、Net Bootだからそれも可能になる。つまりは、Recovery HDから起動させた状態であれば、ディスク(本来の起動ディスク)のメンテナンスも問題なくできるということだ。もちろんディスクのフルバックアップ(本来の起動ディスクを外付HDDなどに丸ごと復元(複製))することも可能。

で、HDDを初期化(ディスクを消去)した後、改めてMountain Lionをインストール(先ほどのMac OS X Utilitiesのダイアログ画面にあるReinstall Mac OS Xを選択してContinueをクリック)すれば、クリーンインストールが完了する。

確かに2度手間ではあるものの、この手法によるクリーンインストールならRecovery HD領域も作成することができる。ネット環境のないところでは役に立たないRecovery HD領域だが、あって困るものでもないので起動HDDに余裕があるなら、この方法でクリーンインストールする方がいいかもしれない。

あなたのMacはMountain Lionに対応していますか?

当サイトで最近よく読まれている記事が「OS X LionからSnow Leopardへダウングレード!?」だったりするのはどうなの?という気がしないでもないが、OS X 10.8 Mountain Lionが、めでたくGolden Master(ビルドナンバーは「12A269」)を迎え、問題がなければそのままリリースというところまで来た。

7月25日がリリースという噂だが、さてあなたのMacはMountain Lionに対応しているのだろうか?

64BitのMacだから安心、というわけでもないところに、技術の進歩とそれを使う側の実情の差が現れているような気がする。

Mountain Lionのインストール

Mountain Lionのインストール

AppleのサイトにあるMountain Lionのページには、「OS X Mountain Lionへアップグレードする方法」なんてのが記載されているから、今一度、見直しておくほうがいいかもしれない。

それによれば、Mountain Lion に対応するMacは以下のとおり。

iMac(Mid 2007以降)
MacBook(Late 2008アルミニウム製、またはEarly 2009以降)
MacBook Pro(Mid/Late 2007以降)
MacBook Air(Late 2008以降)
Mac mini(Early 2009以降)
Mac Pro(Early 2008以降)
Xserve(Early 2009)

上記以外のMacは、残念ながらMountain Lionには対応していない。

まあ、個人のデザイン事務所なんかでは、相変わらずPowerMacで、G5で10.5稼動なんてのがいくつもあるだろうし、相変わらずOS9でイラレ9.0なんてところもあったりするから、LionがMountain Lionに変わるなんて話は聞こえていないかもしれない。

また、なんとかLionをSnowLepardに戻そうとしている人たちにも、遠い国の話くらいにしか聞こえていないかもしれない。

それでも、時代は変わる。

Chrome no longer supports Mac OS X 10.5

先だって、IEを抜いたChromeは、OS X 10.5のサポートを止めるそうだ。現行のCromeがインストールされていれば、Cromeを使い続けることができるが、新規にインストールすることは叶わなくなる。

Windowsも8月以降には7から8へ変わるだろうし、iOS 6だってもうすぐそこにあるかもしれない。2.2から4.0へのアップデートもままならないスマートじゃない電話機ならともかく、アップデートできるならアップデートしたほうがいい。多分、そのほうがずっと楽しい。

Mountain Lionのアップデートは1700円だ。App Storeから簡単にアップデートできる。7月25日(でいいのか?本当に?)を楽しみに待とう。

OS X 10.8 Mountain Lionのインストールディスクを作る!?

POPULAR POST

POPULAR POST

最近になって、POPULAR POSTの上位に昨年7月の記事「OS X Lionのインストールディスクを作成する」がランクされるようになった。

もっとも、総量がたいした数ではないから、ランク上位だからといってそれでなにかが推し量られるというわけではないけれど、1年前の記事がよく読まれているなんてのは、どこかにその理由があるはず。そう、ものごとにはなにかしら理由がある。

推測するに、来月7月になるとOS X 10.8 Mountain Lionが発売される(今度は1700円だ)。つまりは、そのときのための予行演習が必要ということなんだろう。

もっとも、「OS X LionからSnow Leopardへダウングレード!?」なんて記事(昨年8月掲載)も上位にランクされている現実をみると、少しだけよくわからない気分になるのも事実なんだけど。

さておき、それならということで、予行演習をしてみた。そう、OS X 10.8 Mountain Lionのインストールディスクを作ってみた。

と言っても、まだGMにもならないDP版だから、詳細は伏せる。

手順はこうだ。Lionのときと同じく、OS X installESDの中のBaseSystemをマウントさせ、8GB以上のUSBドライブに復元する。

Disk Utilities

Disk Utilities

復元したら、Lionのときと同様、System > Installと開き、Packageのエイリアスを削除。OS X installESDの中にあるPackageをコピー。これで終わり。

Installation > Package

Installation > Package

Lionのときは、mach_kernelファイルとか、あるいはkernel_cacheファイルとかをコピーしたけど、Mountain Lionの場合にはなし。これで終わり。

USBドライブから起動すると、OS X ユーティリティが開く、その中のメニュー「OS X を再インストールする」を選ぶことで、「Mountain Lion」のインストールが始まる。まあ、その前にMoutain LionをインストールできるMacかどうかの診断をされるけどね。

OS X Lion 10.7.4 Updateがリリースされた!!

10.7.4

10.7.4

Bug Fixメインのアップデート、OS X Lion 10.7.4がリリースされている。当然、ソフトウェアアップデートからアップデートできるけど、当方では、Combo Updateをダウンロードして、インストールするのが習慣になっているので、上画像にあるアップルのサイトからMacOSXUpdCombo10.7.4をダウンロードすることになる。