カテゴリー : iPhone

iPhone 4Sが、iPhone 5なのか?

iPhone cover

iPhone cover

PR TIMESが、(株)アイ・シー・エージェンシーからのプレスリリース「MUSIC SMARTPHONE-CASE」についてを掲載している

正式ライセンスの認可商品であるところの、ビートルズの名盤アルバムジャケットをデザインしたカバー13タイトルを発売するとのこと、

問題は、10月4日にアップル社記者発表予定の iPhone5。この新機種に対応したカバーであるという点。上の画像を見て欲しい。この画像は、Tear drop型ではない。iPhone 4と同じ形状のものだ。

現在までにiPhone 5のケースとして販売されているものは、例えばラジオショックブログに掲載されているように、トップからボトムにかけて薄くなっていくデザインで、iPhone 4よりサイズアップしているものがほとんどだ。

ところが、「MUSIC SMARTPHONE-CASE」は見る限り、iPhone 4Sといわれているもののケースであると思われる。

正式ライセンスを受けて、Beatlesのアルバムジャケットをデザインしたケースを、iPhone 5用として発売するということを鑑みるに、やはり「「Let’s talk iPhone.」イベントで発表されるのはiPhone 4Sだけ?」で記事にしたように、形状の違うiPhone 5とされるものは「Let’s talk iPhone.」イベントで発表されないのかもしれない。

追記:※HMV等で同じようにBeatlesのアルバムジャケットをデザインした「MUSIC SMARTPHONE-CASE」を、iPhone 4用として販売していた(8月29日発売となっている)ようだ。もしかすると、画像はそのときのものを使い回している可能性もある。なにしろ、新しいiPhoneはまだ発表されていないのだから。いずれにしても、「Let’s talk iPhone.」イベントは明日だ。明日には全てがはっきりするだろう(って、日本時間だとあさって午前2時だった)。

「Let’s talk iPhone.」イベントで発表されるのはiPhone 4Sだけ?

iPhone 4S

iPhone 4S

昨日、AooleがDeveloperに向けてリリースした「iTunes 10.5 Beta 9」のファイル内に、「iPhone 4S」についての記述が発見されたと9TO5Macが伝えている

その中で、iPhone 4Sのアイコン画像のリンクが「com.apple.iphone-4-cdma-black.icns」となっていて、iPhone 4Sのモデルコードが「N94AP」ということらしい。

同じく9To5Macが一昨日(現地時間では29日)に伝えていた「Appleが在庫管理DBにN94と思われるデバイスを登録」と合わせて考えると、真のiPhone 5は依然として開発中で、「Let’s talk iPhone.」イベントで発表されるのはiPhone 4Sだけなのではという気がしてくる。

現在のiPhone 4と形状が違うものをiPhone 5とするならば、そのリリースはiPad 3と同時にされるのではというのは考え過ぎなんだろうか?

但し、それではすでにあちこちで販売されているiPhone 5のものとされるケース類はどうなんだろう?という疑問が残る。謎だ。

もう既に暦は10月2日。日本時間10月5日まで3日間、あれこれ想像を巡らすのも楽しいかもしれない。その日がくれば全てはっきりする。楽しみに待とう。

iPhone関連の発表会「Let’s talk iPhone.」イベントを日本でも開催!!

Let's Talk iPhone

Let's Talk iPhone

現地時間2011年10月4日(火)AM10時よりクパチーノにあるApple本社で、iPhone に関するメディアイベントを開催する旨の招待状が関係各所に送付されていたようだが、日本でも同日(2011年10月5日)にiPhoneに関するプレス向け発表会を開催するようで、関係各所に上の画像にあるようにカレンダーの日付が日本時間になっている「Let’s talk iPhone.」イベントの招待状が送付されたことを各プレスがサイト上で伝えている。

とりあえず、日本でも新型のiPhoneが発売されるということは間違いなさそうだ。それとともに、わざわざ同日にアップルが日本国内でも発表会を開催するということは、いろいろと国内向けに発表することがあるのだろうと推測できる。楽しみに待とう。

日本通信がSIMロックフリーのiPhone 4を数量限定で販売している

iPhone 4 スマートWiFiパッケージ

iPhone 4 スマートWiFiパッケージ

日本通信が、bマーケットでSIMロックフリーのiPhone 4 16GBにb-mobile 1GB定額 SIMカードをセットにした「スマートWiFiパッケージ」を、数量限定で販売している。

KDDI(au)からiPhone 5が販売される!?

日経ビジネスオンライン等が伝えるように、auショップでiPhone 5が販売されるようになるということだと、「iPad 2 Wi-Fi + 3Gは、Factory(Official) Unlock」で記事にしたように、iPhone 5はFactory(Official) Unlockで販売される可能性がある。

@masason

@masason

このツイートが意味するのものは?

なにが正道で、なにが邪道かはさておき、使い物にならない3Gに愛想を尽かしかけているとか、なにより通話がまともにできない携帯電話にうんざりさせられているとか、いろいろと不満な点を溜め込みつつもiPhoneを使っている人や、SBじゃなければとiPhoneをあきらめていた人には、選択肢が増えるだけで、それは正道だよねと思ってしまう。

10月4日(日本時間では10月5日)に新しいiPhoneの発表イベントが開催されるという噂もある。その日まで、もう2週間もない。楽しみにその日を待とう。

iPhone 5がSIMフリーで発売されても日本での状況は変わらない!?

iphonewzealand

iphonewzealand

iPhonewzealandが、「iOS 5 beta7では公式キャリア以外のAPN設定ができなくなっている」と伝えている。

左側には公式キャリアのSIMを入れたiPhone、右側には非公式キャリアのSIMを入れたFactory Unlock iPhoneのNetwork設定画面を2つ並べて比較している。

曰く、Factory UnlockのiPhoneでありながら、非公式キャリアのSIMを入れたiPhoneではAPN設定が出てこないとのこと。

また、macrumorsのフォーラムでも、registeredされたiOS developer deviceなのに、iOS 5 beta7をOTAでアップデートしたら、invalid SIM messageが出てしまったというような投稿があった。

iOS 5が非公式キャリアのSIMを判別して、invalid SIM messageを出すような仕様になるとしたら、iPhone 5がFactory Unlock(SIMフリー)で販売されたとしても、現状の日本ではSB以外のSIMは使えないことになる。docomoも日本通信もアウトということだ。

OSベースで非公式のキャリアを締め出すことができるのなら、Factory Unlock(SIMフリー)のiPhoneを全世界で販売することができる。

この件については、iOS 5 beta7のバグではないかと憶測されているが、もうすぐGMが出たとしてもおかしくないこの時期になってのことなので少しばかりナーバスになるような話だ。

とりあえず、公式キャリアのSIMを持っていれば、APNの設定を変更することができるとのことだが、SIMフリーのiPhoneを手に入れてもSBしか使えないというのでは、はっきり言って萎える。

iPhone 構成ユーティリティでAPNの設定ファイルを作って、インストールすればなんとかなるのかな?