カテゴリー : iPhone

Androidスマートフォンを購入する前に知っておくべきこと

Android Update History

Android Update History

Michael DeGustaが、アメリカで出荷されたすべてのAndroidフォンを昨年の半ばまで遡って調べ、それぞれのデバイスに適応されたメジャーアップグレードまたはマイナーサポートパッチ、さらには価格や、発売日、製造中止日等を一枚の図表にしている「Android Orphans: Visualizing a Sad History of Support」。

それが、上の画像「iPhone And Android Update History」だ。

iPhoneの最新OSは知っての通り、iOS 5だ。iOS 5は、iPhone 3GS、4、そして最新の4Sと3世代の機種をサポートしている。もちろん、アップデートはそのすべてのユーザに提供されている。

アンドロイドは、Cupcake、Donut、Eclair、Froyo、Gingerbreadとリリースされて来て、最新のOSはIce Cream Sandwichということになる。もっとも、6回目のアップグレードではあるが、Androidフォンの最新Versionは4.0だ。

それにしても、その最新のIce Cream Sandwichが提供されているAndroidフォンはどこにあるのだろう?

Michael DeGustaが作成した図表を見るまでもなく、ほとんどのAndroidフォンはその時々の最新のOSにすらアップデートされることなく生産中止になっているのが現状だ。

しかも、ほとんどのAndroidフォンは、出荷された時点ですでに古いバージョンのOSが搭載されているという驚くべき事実がある。最初から最新でない上に、アップデートされることのないAndroidフォンってなにもの?

2年縛りで購入されることが多いはずなのに、最初から最新でない上に、2年どころか1年ともたずに生産中止になっているAndroidフォンを選ぶ理由はなんだろう?

Androidの最新OS、Ice Cream Sandwichをググると、新機能や魅力についての記事が検索される。で、その新機能や魅力を享受できるのは誰なんだ?

docomoから年内発売予定とされるGalaxy Nexusの購入者?既存のAndroidフォンユーザーは?当然のことながら蚊帳の外ってわけだ。

iPhone の場合、iOS 5のすべての機能を使うためには最新のiPhone 4Sが必要なのは言うまでもない。それでも、2世代前のiPhone 3GSであってもiOS 5にアップデートして、すべての機能ではないにしてもiOS 5の機能を使うことができる。

Michael DeGustaが言うように、「Apple’s way of getting you to buy a new phone is to make you really happy with your current one」新しいiPhoneを買うことで幸せな満足感を得られるようにするのがAppleの方法であるのに対して、 Androidの場合は、「Android phone makers think they can get you to buy a new phone by making you really unhappy with your current one. 」新しいAndroidフォンを買ったことで不満を抱かせることになってもいいと考えているのだろう。

現状に不満があれば、その不満が、さらに次の新しいAndroidフォンを買う動機になるとでも考えているのだろう。

さておき、それでもAndroidフォンを購入したいという考えを否定するつもりはない。事実を認識した上で、それでも購入したいというのは正しいやり方だ。自分がいいと思って、それを自分で使うのは間違いじゃない。但し、優劣を語るのはやめておいた方がいい。基本的なスタンスが違う以上、話にならないのは自明の理だからね。

そうそう、日本の場合、キャリアの優劣を語るのはあり、だと思うが、その場合も地理的条件で優劣が左右されることもあるし、知らぬが仏という諺もある。やっぱり、ものの優劣を語るのはやめておいた方がいいかもしれない。個々の事情で変わる事実と変えようのない事実は別ものだから。

ところで、上の図表がアメリカで販売されたAndroidフォンのアップデート履歴だけど、日本での場合も大差ないことは自明だよね。

iCloudへの自動バックアップ

iOSのバックアップ

iOSのバックアップ

Appleのサポート、iOS:バックアップ方法によれば、iCloudはiOS 5デバイス上のほとんどの重要なデータを自動的にバックアップするものの、自動でバックアップさせるためには3つの条件が必要になるとのこと。

※ Wi-Fi 経由でインターネットに接続されている
※ 電源に接続されている
※ 画面がロックされている

以上の状態のときに、1日1回自動的にバックアップが実行されるようだ。もちろん、設定 > iCloud > ストレージとバックアップで、バックアップを有効にしておく必要がある。

つまりは、就寝前にWi-Fiの接続を確認し、電源を接続(充電)しておくと寝ている間に自動的にバックアップが実行されるというようにすればいいということか。

また、Wi-Fi 経由でインターネットに接続されているときに、設定 > iCloud > ストレージとバックアップで、今すぐバックアップを選択すれば手動でバックアップを開始することができる。

SIMなしiPhoneをiOS 5にアップデート

No SIM card

No SIM card

SIMを取り外したiPhone 3GSをiOS 5にアップデートしてみた。

正確に言うと、SIMを取り外したiPhone 3GSを、Redsn0w 0.9.9b5で作成したBaseBandを維持するiOS 5のカスタムファームでアップデートしてみた。

Redsn0w 0.9.9b5で作成できるBaseBandを維持するiOS 5のカスタムファームだけでは、復元したiPhoneはJailbreakされてはいない。Basebandが維持されているというだけで、普通のiOS 5で稼働するiPhoneということになる。

当然、アクティベートにはSBの黒SIMが必要になる。iTunesも上の画像のように、SIM cardを入れるようにと促される。

No SIM Card Installed

No SIM Card Installed

iPhoneの画面にも、上の画像のようにSIM cardが入っていないと表示されて先へは進めない。SBのSIM cardがあれば、とりあえずSIMを入れてアクティベートしてしまえば、ことあるごとにSIMが入っていないというポップアップが出るが、電話機能無しのiPhoneとして問題なく使用できる。

で、SIM cardがない場合にどうするか?というと、この状態のままRedsn0w 0.9.9b5を使いJailbreakすることになる。

Redsn0w 0.9.9b5

Redsn0w 0.9.9b5

Redsn0w 0.9.9b5を起動し、Jailbreakのボタンをクリックする。あとは、表示される手順に従ってiPhoneをDFUモードにすればいいだけだ。しばらく待つとJailbreakのプロセスが始まる。

Pwn

Pwn

Jailbreakプロセスが終了すれば、iPhoneが再起動し、Hacktivationされて、通常の画面が表示されるので設定を進めればいい。

SIMなしでもiOS 5で稼働するiPhoneの出来上がり。もちろん、Basebandが対応していればの条件付きだが、Ultrasn0w 1.2.4をインストールすることでUnlockできるので、docomoやb-mobile等のSIMを入れることで通話・通信も可能になる。

Update check

Update check

但し、iTunesにつなぐ度に、上の画像のようなダイアログが表示されることになる。確認をクリックすると最新のものだと表示されることもあるが、なにも表示されないままのときもある。

この状況をクリアにするためには、SAM/SAMprefsを使いHacktivationを初期化して…、という手法が有効だと思われるが、以前に同様なダイアログが出たときに、何度か試してみたがうまく行かなかった。つまりは、未検証ということになる。とりあえず、不都合が出たこともないので放置の方向。そのうちJailbreak Toolがアップデートされれば出なくなるかもしれない。

USのAppleリテールストアではSIMフリーiPhone 4Sを販売している

Contract-free iPhone 4S

Contract-free iPhone 4S

9TO5Macが、アメリカ国内のAppleリテールストアでSIMフリーのiPhone 4Sを販売していることを伝える記事を掲載している。

それによれば、アクティベーションは、ヨーロッパのiPhoneサポートキャリアのO2のSIMを使い、ローミングで行われた模様。

iPhoneサポートキャリア以外のSIMではないので、当方の疑問は晴れず。また、AT&TのSIM cardが付属していたとも記載されている。

価格は既報の通り、16GBが649ドル、32GBが749ドル、64GBが849ドルのようだ。

追記:※どうやら、正式にSIMフリーのiPhoneとして販売しているわけではなく(Appleは11月からSIMフリーのiPhoneを販売するとアナウンスしている)、AT&Tとの契約なしで、つまりは2年契約での64GBのiPhoneなら399ドルという価格ではなく、通常の販売価格849ドルで購入したところ、そのiPhoneはUnlockedだったということらしい。

iTunes_UNLOCKED

iTunes_UNLOCKED

で、リストアしてみたら上の画像のようなダイアログが出て、Unlocked iPhoneだったということが分かったようだ。これで、AT&TのSIMが付属していた理由が分かった(通常、SIMフリーiPhoneにはSIMは付属しない)。

同じように、この事象を体験した者が他にもいることから、アメリカのAppleリテールストアに於いて、通常価格で販売されているiPhoneはUnlocked iPhoneだといわれているようだ(真偽不明)。

「実質無償機種変更キャンペーン」で機種変したiPhone 4Sが届いた

iPhone 4S

iPhone 4S

SBで運用中のiPhone 3GS New Bootromを、「実質無償機種変更キャンペーン」を利用して機種変更したiPhone 4Sが届いた。

リアル店舗へ行くのは煩わしいので、ソフトバンクオンラインショップで予約しておいたものだが、14日の発売日の翌々日に手元に届いたことになる。仕事速いじゃんと感心したりして。

アンテナMAXで応答なし!?

Gamecast Blog

Gamecast Blog

ゲームキャスト Blogさんが、自腹で用意したiPhone 4S au版とSB版を持って山手線ほぼ1周回線チェックの旅を掲載している。

「アンテナMAXで応答なしってそれは本当にアンテナの意味があるのか…。」という言葉がすべてかと思ったり。

また「実験のためだけに softbank にした私は実験しながらなんとも言えない気持ちに…。」というのがよくわかる実験結果が出ているので、「あくまで都内における現時点での参考として」と断り書きがあるものの、これから初iPhoneなんて人は悩むだろうな?