カテゴリー : Fix

Jailbroken iOS 5.0.1でのiBooksのエラーをFixする

@iH8sn0w

@iH8sn0w

Redsn0wでiOS 5.0.1をJailbreakした後、あるいはTethered JailbreakをCorona 5.0.1 UntetherでPatchした後に、iBooksがエラーになるようだ。iOS 4.2.1jailbreakのときにも同じようなことが起きた。過去記事「Jailbroken iデバイスでiBooksがエラーになる !?

Fixするには2通りの方法がある。

ひとつはリポジトリー「repo.insaneryi.com」を追加して、iBooksFix2をインストールする方法。もう一つは、「iBooksFix_GizmoWebs.deb」をダウンロードしてマニュアルでインストールする方法だ。

マニュアルでiBooksFix_GizmoWebs.debをインストールするには、iFileを使うとか、あるいは「Cydia 1.0.3222-73を1.0.3366-1へアップデート」を参考に、MacならCyberduckを、WindowsならWinSCPを使う。

iBooksFix

iBooksFix

上の画像のように、/var/root/Media/Cydia/AutoInstall/iBooksFix_GizmoWebs.debとして、リブートすればいい。Media以下は新規にフォルダを作る必要がある。またインストール前にオリジナルのiBooksを削除しておくか、リブート後に削除する必要がある。

iBooksFix2をインストールする方が簡単に思えるが、うまくいかなかった人もいるようだ(未検証)。

どちらも、インストール後はリブートする必要がある。

Mobile SubstrateがUpdate

Mobile Substrate 0.9.3995

Mobile Substrate 0.9.3995

Redsn0wがBugFixした0.9.10b3になったが、Mobile Substrateも0.9.3993から0.9.3995へアップデートされている。

Mobile Substrate 0.9.3995

Mobile Substrate 0.9.3995

iOS 5.0.1でJailbreakしていたらアップデートしておいたほうがいいだろう。

ついでに言えば、日本語環境でCydiaが落ちるバグは依然として解消されていない。

Jailbreak iOS4.2.1 on iPhone 3GSでバッテリー異常消費

昨日までは何の問題もなく使用していたiPhone 3GS(old bootrom)が、わずか6時間でバッテリーが15%以下になってしまった。問題を引き起こした原因として考えられるのは、最後にインストールした「Tango Video Calls – Tango」だ。

Tango

Tango

10月に「クロスプラットホームでビデオコール」で記事にした「Tango Video Calls – Tango」は、iPhoneの電話番号とメールアドレスを入力するだけの簡単レジストレーションで、iPhone 3G,3GSでもビデオコールができるiPhone appだ。当時は、まだ使う状況がなかったのでインストールせずにいたのだが、使えそうな状況になったのでインストールしたわけだけど、当方の環境ではバッテリー異常消費という問題を引き起こした。

CPU使用率

CPU使用率

全てのアプリとタスクを終了し、CPUの使用率を調べてみたら何かが30%程度使用している。そこで、Tangoを削除してみたら、以下の画像のようにCPUの使用率が下がった。

CPU使用率

CPU使用率

原因が特定されたわけだけど、本質的な問題の原因はJailbreak & unlock iOS 4.2.1だと思われる。なぜなら、Jailbreak & unlock iOS 4.1では問題が起きていない。但し、Jailbreak & unlock iOS 4.2.1でも、b-mobileSIM U300を入れたものは問題が起きていない。その理由は以下から推測できる。

「Tango」はiPhoneの電話番号とメールアドレスを入力することでレジストレーションされるが、実は電話番号でなくともレジストレーションされる。適当に、11桁の数字を並べるだけでいい。これならバッテリーは異常消費されない。つまり、SIMの電話番号でなければ問題が起きないのだ。となるとultras0w 1.1-1と1.2の違いに問題があるのかもしれない。

ところで、適当なその数字が、Tangoでレジストレーションされた誰かの電話番号であった場合には、注意のダイアログが出るし、その誰かのもとへは以下のようなSMSが届く。

Tango SMS

Tango SMS

なので、なりすましは心配する必要がないかも?それに発信は問題なくできるが、着信音は鳴らない。受信の際にアプリが起動している必要がある。

いや、実はここにも問題が、このSMSが届いたのはTango appを削除した後なのだ。削除したあともMetadataが残っているであろうことは想像していたが、実際にそれが確認できたりすると少し嫌な気分になる。もっとも、SMSだから単に電話番号宛に届いたと思えば納得なのか?

そういうわけで、リストアすることになるのだが、そこでもまた問題が発生した。続きは次のエントリーで。

JailbreakerのためのPDF exploit用パッチ

セキュリティに関わる問題だから、全てのiPhoneユーザーにアップデートが推奨されているが、アップデートするとJailbreakできなくなる。当然、Unlockもということで、アップデートせずに自衛策を選んだJailbreakerのために、セキュリティホールを塞ぐPDF PatchがCydiaに登場した。

PDF Patch

PDF Patch

しかも、iOS 4.0にアップデートできない初代iPhoneにも適用できるという、いかにもJailbreakのオフィシャルらしいパッチだ。

JailbreakerでないiPhoneユーザーは、早急にiOS 4.0.2へアップデートすることを推奨する。

紫色のなにか?じゃなくて、Space Screenでスタックしたときの対処法

Purple-colored space screen on iPad

Purple-colored space screen on iPad

軽い気持ちで、ってそれくらい簡単なJailbreakme 2.0で、Jailbreakしようとしたら紫色の宇宙空間のスクリーンのままスタックして、焦った人のために対処法が公開された。といっても、ブラウザーベースなら普通にやり直しの手順だけど。

設定からSafariの履歴、Cookie、キャッシュを消去。デバイスの電源を落として再起動。改めて、http://jailbreakme .comへアクセス。

iPhone 3GSのNew Bootromの場合は、先にiOS 4.0.1へアップデートしてからアクセスするのが吉らしい。

それから、iPhone 4でFaceTimeやMMSに問題が出た場合には、Cydiaを起動させたときにアップデートがかかるから「Complete Upgrade」を選び、アップデートが終了したら、設定 > 一般 > リセット > ネットワーク設定をリセットして、デバイスの電源を落として再起動で修復するらしい。ネットワークの設定がリセットされているから、再設定が必要なのは言うまでもない。

注意:Skynet Factoryが掲載する記事及びその管理者は、iPhone等の機器におけるJailbreak等を推奨するものではありません。また掲載された記事内容の全てを保証するものでもありません。記事内容と同等のことを実行されるのであれば全てご自身の責任の元で行うようにしてください。

Sony Style(ソニースタイル)