カテゴリー : Application

インストールディスクも10.7.2へアップデート、OS X Lion 10.7.2インストールディスクを作成する

OS X Lion

OS X Lion

OS X Lion – Appleのインストールパッケージがメディアではなくダウンロード版だということのメリットに、インストールパッケージがアップデートされた場合に、手持ちのインストールディスクもアップデートできるというのがある。もっとも、Appleのように一度購入したものは何度でもダウンロードできる、というのでなくてはダメだけどね。

幸いなことに、上の画像にあるようにMac App Storeで購入したものは、インストール済みと表示されて、何度でもダウンロードできる。ということで、OS X Lion – Appleのインストールパッケージを再ダウンロードして、インストールディスクもアップデートしておくことにする。

ちなみに、10.7.3アップデートが配布されたけど、当方は(3GB超をWiMaxでダウンロードするのは時間がかかるから、暇なときじゃないとできないので)1月中にダウンロードしておいた。なので、バージョンは10.7.2。もっとも、確認してはいないけれど、まだパッケージは10.7.3になっていないと思う。なっていたら、教えてください。再ダウンロードします。

ということで、ダウンロードした「Mac OS X Lion インストール」が、アプリケーションフォルダにあることを確認したら、用意した「Transcend 高速タイプ USBメモリ 600シリーズ 8GB 永久保証 TS8GJF600」とか「Transcend 高速タイプ USBメモリ 600シリーズ 16GB 永久保証 TS16GJF600」をMacに挿してフォーマットする。

4GBでは足りないけれど、8GBなら十分。ではなぜ16GBを用意するのかというと、

Lion_Boot

Lion_Boot

この画像のように、2パーティションに切り分けて、OS X Lionをインストールした完全な起動ディスクを作ってしまおうということ。別パーティションでインストールディスクを作っておけば、いろいろと便利に対処できるはず。ちなみにインストールディスクの分は6GBあれば十分なので、OS X Lionをインストールする分には10GBとれる。実際には、こちらも6GB程度で十分なので10GBあれば余裕。いくつかアプリもインストール可能。もちろん、Macならよけいなことをしなくとも、普通に起動する。まあ、X86もBoot loaderをインストールしておけば起動するけど。

さておき、昨年7月2日のエントリー「OS X Lionのインストールディスクを作成する」で、OS X Lionをクリーンインストールするための、インストール用の起動ディスクを作成する手順はすでに掲載済みなのでそちらをみていただければ、と言いたいところだけど、少しだけ手順を変えてみたので改めて以下に記載(とは言っても、ほとんど変わっていない)。

prepartion

prepartion

Mac App Storeからダウンロード購入したMac OS X Lion インストールを右クリックして、Contents > SharedSupportと開き、InstallESD.dmgをダブルクリックでマウントし、UnHidden、TinkerTool、Onyxとかの非表示ファイルを表示させるアプリを使い、マウントしたInstall ESDの内容を表示させる。

installESD.dmg

installESD.dmg

この中にある、BaseSystem.dmgをダブルクリックしてマウントさせる。

USB Driveを接続し、ディスクユーティリティを起動する。USB Driveのインストールディスクとして使うパーティションに適当な名前を付けて、消去(初期化)する。マウントされたBaseSystem.dmgが、HDD等と別に左側下方に表示されているので、選択して復元タブをクリック。

復元

復元

ソースにBaseSystem.dmgが表示されているのを確認したら、上の画像のように、復元先にUSB Driveのインストールディスクとして使うパーティション(先ほど適当な名前を付けて初期化したもの)を左側からドラッグして置き、復元ボタンをクリック。

USB_BaseSystem.dmg

USB_BaseSystem.dmg

復元が終了すると、USB Driveのインストールディスクとして使うパーティションの名前がBaseSytem.dmgとなっているので、間違えることのないように、USB Drive側(上の画像のように不可視ファイルに.Trashesとかがある方)のBaseSytem.dmgを開き、System > Installationと開く。

Packages

Packages

Packagesのエイリアスファイルがあるので削除し、先ほどマウントさせたInstallESD.dmgの中からPackagesフォルダをコピーする。

Copy_Packages

Copy_Packages

コピーが終わったら、InstallESD.dmgの中からmach_kernelファイルとkernelcacheファイルをUSB Driveの第1階層(上の画像で言えば一番左、Systemとかがあるところ)へコピー。

USBドライブの第1階層にあるLibrary > Preferences > SystemConfigurationと開き、com.apple.Boot.plistをPlist editorもしくは、CotEditorなどのText editorで開き、

<key>Kernel Cache</key>
<string>\kernelcache</string>

を追加する。

Boot.plist

Boot.plist

以上でOS X Lion 10.7.2インストールディスクの作成は終了。

Optionキーを押しながらMacを起動すると、起動ディスクを選択する画面が出るから、USBのMac OS X BaseSystemを選び起動させる。あとは普通にインストール作業を進めるだけ。とりあえずは、USBの別パーティションにOS X Lionをインストールすることにしよう。

インストールが終わったら、ソフトウェアアップデートからではなく、Appleのサポートから「OS X Lion 統合アップデート 10.7.3」をダウンロードして、10.7.3へアップデートする。まあ、通常はソフトウェアアップデートでいいんだけど、自分は、いつの場合もAppleのサポートから「OS X Lion 統合アップデート」をダウンロードしてからアップデートしている。単に精神衛生上の問題だけなんだけどね。

ついでに言及しておくと、SnowLeopardの場合は、単純にソースをインストールDVDに、復元先をUSBにして復元するだけ。こちらはDVDの容量分約7.7GBが必要になる。

VMware Fusion 4 プロモーション期間限定優待版

VMWare Fusion

VMWare Fusion

Amazonを眺めていたら、「VMware Fusion 4 プロモーション期間限定優待版」がいまだに販売されていることに気がついた。

昨年の10月発売だから、かれこれ3ヶ月が過ぎている。プロモーション期間も終わっているだろうと思うのだが、まだ販売されている。

パッケージ版が4,436円ならお得?

Adobeアップグレードポリシーを一部変更!?

Adobe

Adobe

最新版アップグレード対象を、直近1バージョンからだけとしたものの、CS5.5への駆け込み需要が思ったほど伸びなくて、というところかなのか?CS6へのアップグレードについては、年内(2012年12月31日まで)はCS3、CS4ユーザーもアップグレードできるという案内が出ている。

価格については、今のところ未定とのこと。

さてさて、CS6はみんながアップデートしたいと思えるような製品になってくるのか?お楽しみに。

ファイルの同期化と共有を提供する「Insync」が簡単に使えるようになっている

insync

insync

常駐型のアプリケーションを使って、クラウド上のファイル/フォルダをローカルファイル/フォルダのようにアクセスできるようになる「Insync」がアップデートされ、登録手続きが不要になり、Googleアカウントがあれば誰でも利用できるようになった。

Dropboxではフォルダの共有しかできないが、Insyncでは個々のファイル単位での共有設定(read/writeやread onlyなどのパーミッション設定)ができる。しかも、Googleドキュメントとの同期処理も可能。

1GBまでは無料で利用でき、どんなファイル形式でもサポートする。

利用するためには、https://www.insynchq.com/からアプリケーションをダウンロードし、各々のPC(Mac OS X、Windowsをサポート)にインストールする必要がある。

Windows OSなしにWinアプリをMac OS X上で動かせる!?

WinOnX

WinOnX

CrossOver Macのように、Windows OSのインストールなしにWindowsアプリを稼働させることができる「WinOnX – NES Software」がMac App Storeで販売されている。

Mac OS X10.6以降に対応し、もちろんLionにも対応している。

当方では「VMware Fusion 4icon」を使用しているので必要ないが、お手軽にWindowsアプリをMac OS X上で動かしたいというときにはいいかもしれない。

但し、全てのWindowsアプリが正常に動作するわけではないので注意が必要だ。

Sn0wbreezeとかのWindows用のJailbreak Toolが動いてくれればいいのだが、残念ながら未検証。もっとも、450円という価格を考えれば、試してみても悪くないかもしれない。

Adobeがアップグレードポリシーを変更した

Adobe CS6

Adobe CS6

様々な手段を繰り返して、なんとかCS5.5の販売成績を上げようとしてきたAdobeだが、ここへ来て強硬手段をとることに方針を変更したようだ。

曰く、「次期バージョンのAdobe Creative Suite、および各CS関連製品のアップグレード対象は、それぞれ過去主要1バージョンまでとなり、それ以前のバージョンをお持ちのお客様は、アップグレード対象外となります。」とのこと。

で、「2バージョン以前の製品をお持ちのお客様が、最新版をお求めの際は、通常の製品版をご購入いただくか、Adobe Creative Cloudを選択いただくことになります。」ってことなんだけど、Adobe Creative Cloudの価格というのが年間契約で月額5,000円。つまり、年間60,000円。

もちろん年間契約だから、毎年払い続ける必要がある。本当にAdobe税になるってことだ。

結局、現在CS 5&5.5を使用していないユーザーは、5.5にすることはあっても6にはしないだろう。

昔、イラレの8が広く使われていても、データの納品は5.5じゃなければ駄目と言っていたCxxxx御用達の印刷屋じゃないけれど、ローカルルールは最新になんて絶対にならないからね。

それに、小さなデザイン事務所では、まだPowerMac G5を使っているところがたくさんある。当然、CS4までということになる。

そういうデザイン事務所では、インテルMacにしたときに合わせてアプリもと考えているだろうが、実際にMacをアップデートしたらアプリまで予算が回らないかもしれない。そうなったらアプリのアップデートはまた後回しになるだろう。もっとも、金離れのいいクライアント相手のAdobe Creative Cloudで帳尻を合わせるからいいのかな。