DFUモードとリカバリーモード

夏休みの工作が無期限延期になったので、テキストでもやっておこうかということで、まずはiPhoneのDFUモードへの入り方。

iPhoneをUSBケーブルでPCと接続して、iPhoneのパワーボタン長押し後、電源オフのスライドスイッチで電源を落とす。

iTunesを起動し、iPhoneのパワーボタンとホームボタンを同時に約10秒間押し続ける。

パワーボタンだけ離し、ホームボタンはそのまま押し続けると、iTunesが新しいデバイスとして認識する。

iPhone DFUモードの画面

iPhone DFUモードの画面

このとき、iPhoneの画面にはなにもなく、暗い(黒い)ままの状態がDFUモード。もし、そうでなければ、例えばiTunesに接続するように求める画面が出ていれば、それはリカバリーモード。

iPhone リカバリーモード画面

iPhone リカバリーモード画面

うまくDFUモードに入れなかった場合は、最初からやり直すことになる。

リカバリーモードへは、電源を落とした状態でホームボタンを押し、そのまま(ホームボタンを押した状態のまま)PCに接続。ホームボタンは、画面にiTunesのアイコンとUSBケーブルの画像(上の画像)が表示されるまで押し続ける。この画像が表示されればリカバリーモード。

コメント 停止中