SIM Free iPhone 5をdocomoで使うメリットは?

 

iPhone 5予約開始後に、nano sim提供を示唆するようなツイートをした日本通信の三田聖二社長(@FSSanda)だが、発売された後には、上にあるように「iPhone 5でなくてもいいんじゃないか」というニュアンスに変わっている。

つまりは、SIM FreeのiPhone 5にdocomoのSIMを入れても、(現状)LTEは使えないということが判明したから、別にLTEなしでもFOMA 3Gで十分というニュアンスにならざるを得ないということだ。

となると、日本通信、ひいてはdocomoからnano simが出ることは(当分の間?)無さそうだ。

で、さらにFOMAプラスエリアもアウトとなると、docomoでSIM FreeのiPhone 5を使うメリットはどこにあるのか?ということになる。

もっとも、使い方によっては十分にメリットがあるのだが、ある意味それは特殊な使い方なので、通常のdocomoユーザーには向いていないし、キャリアの側にもメリットを見いだせない。

それは、i-modeだとかの余計な契約なし(もちろんパケホ契約もなし)のガラケー契約(FOMAのバリュープランで通話だけをファミ割りとかひとりでも割で50%OFF、それだけの契約)したSIMでiPhoneを運用。データ通信は「BIGLOBE WiMAX」等で、というもの。

これなら、FOMAのバリュープラン料金(+無料通話分を超えた通話料金)+WiMAX(使用量の制限なし、もちろんiPhone以外にも使える)の使用料(トータル最安5000円以下)でiPhone 5を運用することになるので、メリットがあると言えるかもしれない。

それでも、SIM Free iPhone 5のイニシャルコストを捻出する必要があるから、docomoのmicro simをカットしてまで使う意味があるのか疑問は残る。

さて、どうしたものか?

  • トラックバック 停止中
  • コメント (1)
    • silver account
    • 2012年 10月6日

    まあ買った奴は人柱乙かも知れないが、多少は日本の携帯業界に新風を吹き込んでくれるんじゃいなかな。 今までが閉鎖的過ぎたからね。 特に無線LANには期待している。 iphoneを買うつもりはないが、この先日本の携帯業界にどんな変化が起こるのか楽しみ。

コメント 停止中