あなたのMacはMountain Lionに対応していますか?

当サイトで最近よく読まれている記事が「OS X LionからSnow Leopardへダウングレード!?」だったりするのはどうなの?という気がしないでもないが、OS X 10.8 Mountain Lionが、めでたくGolden Master(ビルドナンバーは「12A269」)を迎え、問題がなければそのままリリースというところまで来た。

7月25日がリリースという噂だが、さてあなたのMacはMountain Lionに対応しているのだろうか?

64BitのMacだから安心、というわけでもないところに、技術の進歩とそれを使う側の実情の差が現れているような気がする。

Mountain Lionのインストール

Mountain Lionのインストール

AppleのサイトにあるMountain Lionのページには、「OS X Mountain Lionへアップグレードする方法」なんてのが記載されているから、今一度、見直しておくほうがいいかもしれない。

それによれば、Mountain Lion に対応するMacは以下のとおり。

iMac(Mid 2007以降)
MacBook(Late 2008アルミニウム製、またはEarly 2009以降)
MacBook Pro(Mid/Late 2007以降)
MacBook Air(Late 2008以降)
Mac mini(Early 2009以降)
Mac Pro(Early 2008以降)
Xserve(Early 2009)

上記以外のMacは、残念ながらMountain Lionには対応していない。

まあ、個人のデザイン事務所なんかでは、相変わらずPowerMacで、G5で10.5稼動なんてのがいくつもあるだろうし、相変わらずOS9でイラレ9.0なんてところもあったりするから、LionがMountain Lionに変わるなんて話は聞こえていないかもしれない。

また、なんとかLionをSnowLepardに戻そうとしている人たちにも、遠い国の話くらいにしか聞こえていないかもしれない。

それでも、時代は変わる。

Chrome no longer supports Mac OS X 10.5

先だって、IEを抜いたChromeは、OS X 10.5のサポートを止めるそうだ。現行のCromeがインストールされていれば、Cromeを使い続けることができるが、新規にインストールすることは叶わなくなる。

Windowsも8月以降には7から8へ変わるだろうし、iOS 6だってもうすぐそこにあるかもしれない。2.2から4.0へのアップデートもままならないスマートじゃない電話機ならともかく、アップデートできるならアップデートしたほうがいい。多分、そのほうがずっと楽しい。

Mountain Lionのアップデートは1700円だ。App Storeから簡単にアップデートできる。7月25日(でいいのか?本当に?)を楽しみに待とう。

コメント 停止中