Planexの無線LAN USBアダプタ(GW-USMicroN-G)をOS X Lionで使う

無線LANユーティリティ

無線LANユーティリティ

以前に量販店のワゴンセールで購入したPlanexの802.11n対応のUSBアダプター(GW-USMicroN-G)、Planexのサイトでは販売終了品ということで、OS X Lion用のドライバの提供は行われていない。

で、RT2870チップセットの製造元であるRalinkのサイトを見てみたら(SupportからDownloads > Mac OS)、9月23日付けでLion対応のドライバがリリースされていた。

早速ダウンロードしてインストール、問題なく使用できるのを確認したので、WiMaxの速度を計測してみた。計測サイトはRBBTODAY、OSは10.7.1。

Speed Test

Speed Test

時間帯がよかったのか、かなり良好な数字。5分ほどおいてもう一度計測。

SpeedTest

SpeedTest

ほとんど同じような数字。いつもこれくらいの数字なら、iPhoneのキャリアでは通話だけにして、データ通信はWiMaxでというのが一番幸せかもしれない。ちなみに、Aterm WM3500Rのアンテナは2本。まだ3本フルに立ったのを見たことがない。

 

追記:※WiMaxのSpeed Testを時間帯を変えてやってみた。けっこう厳しいと思える午後11時前の数字が以下の画像。計測サイト、OS Xのバージョンは上と同じ。

Speed Test

Speed Test

5分おいてもう一度計測してみたのが以下の画像。

Speed Test

Speed Test

時間帯によっての差がかなり出た数字だが、5Mbps台なら現状の無線LANルーターとしてはまあまあといったところだろう。3Gよりはずっと速いだろうしね。

コメント 停止中