SIMフリーのiPhone 4 & 4Sのアクティベートには、SBのSIMが必要になる!?

About the Unlocked iPhone

About the Unlocked iPhone

Appleが、SIMフリーiPhoneについて説明した「About the Unlocked iPhone」を更新している。

それによれば、「ファクトリーアンロックのiPhone 4またはiPhone 4Sは、SIM無しで届けられるので、サポートされている任意のGSMキャリアのアクティブマイクロSIMカードが必要」とのこと。

It arrives without a micro-SIM card, so you’ll need an active micro-SIM card from any supported GSM carrier worldwide.

日本国内において、サポートされているGSMキャリアといえばSBしかない。iPhone 4が対応しないからなのか、CDMAではダメだとも記載されているのでauのものではダメということになる。

以前、「iPhone 5がSIMフリーで発売されても日本での状況は変わらない!?」で書いたように、iOS 5はサポートしているキャリアのSIMだけしか認識しないということなんだろう。

つまりは、iOS 5で稼働するSIMフリーのiPhone 4 & 4SはdocomoのSIMではアクティベートできないということだ。アクティベートするためにはSBのSIMが必要になる。

/*—みなさんにコメントや情報をいただいた上での考察では、上記iOS 5での制限は誤りであるとの結論がでました。iOS 5 betaでの問題はGMでは修正されているようです。iOSがキャリアに制限をかけることはないと思われます。—*/

An unlocked iPhone may be activated on supported GSM carrier networks.

結局、日本国内においてはSIMフリーのiPhone 4Sが販売されることはないようだが、香港にAppleリテールストアがオープンしたりして、以前よりSIMフリーのiPhoneを購入できる可能性は高くなっている。しかしながら、iOS 5はサポートしないキャリアを締め出すことになりそうだ。

/*—ここでも言葉が足りずに誤解を招いたことをお詫びします。「キャリアを締め出す」の意味は運用できなくなるということではではなく、アクティベーションができなくなる?の意味です。—*/

/*—上にも書きましたが、iOSがキャリアを制限することはなさそうです。ただ、iPhoneそのものがキャリアを認識して、アクティベーションができなくなるのでは?という疑念は当方の中には残っています。—*/

追記:※アクティベートにはSBのSIMが必要だというだけで、アクティベートさえしてしまえば運用は可能なはず。知人のiPhone 4のSIMカードを借りるという手は使えるはず。あるいは、Jailbreak?

追記:※iACJBさんにコメントで教えていただいた。すでにシンガポールでは、ファクトリーアンロックのiPhoneを購入してもサポートするキャリアのSIMがないとアクティベートできないらしい。ということは、iOS 5にではなく、iPhoneそのものにキャリアを認識する機能があるということだ。面倒だ。

追記:※シンガポール駐在中の星さんからコメントをいただいた。シンガポールで昨年10月に当地のApple Storeで購入したファクトリーアンロックのiPhoneが3G通信できなかったようだ。アクティベートするためには、販売されている地域のiPhone、iPadをサポートするSIMが必要だったようだ。

追記:※香港は特殊な環境なので、香港Apple Storeで販売されているファクトリーアンロックのiPhoneだけは事情が違うかもしれない。というのは「日本通信がSIMロックフリーのiPhone 4を数量限定で販売している」で記事にしたように、b-mobileはおそらく香港で販売されているものを販売しているはずで、それが問題なくb-mobileのSIM(docomoの回線)が使えているとなると、他所とは事情が違うかなという気がしている。

但し、それは上記の「About the Unlocked iPhone」が更新される前の話。今後も同じようにb-mobileのSIM(docomoの回線)が使えるのかどうかは分からない。

/*—言葉が足りずに申し訳ない。b-mobileのSIM(docomoの回線)が使えるのかどうかは分からない。と書いているのは、運用面ではなく、b-mobileのSIM(docomoの回線)でアクティベートできるかどうか分からないということだ。アクティベートできなければ運用には至らないわけだから、端折った書き方をしてしまったが、アクティベートができるかどうかだけが問題で、アクティベートできればその後の運用は問題なくできると思っている。そのアクティベートに、SBのアクティブマイクロSIMカードが必要だというのはとても面倒だと思ったところから、この話(記事)は始まっている。—*/

追記:※上記で、アクティベートするためにはSBのSIMが必要になると書いているが、当然のことながらそのSBのSIMは、iPhone/iPad用の黒SIMでなければならない。

追記:※AppleのLocating iPhone wireless carriersのページに、各国でのiPhoneをサポートするキャリア一覧が掲載されている。当然ながら日本ではSoftBankだけが掲載されている。

追記:※ファクトリーアンロックのiPhone  4Sは11月に発売されるらしい。EXPANSYSでは価格未定として仮予約の受付をしている。ここの取り扱いSIM Free iPhoneは香港で販売されるものと思われるが、11月になれば、何の問題もなくdocomo SIMでもアクティベートが可能かどうか?ということもわかるはず、というかそのときまでは正直分からない。

但し、更新された「About the Unlocked iPhone」には「It arrives without a micro-SIM card, so you’ll need an active micro-SIM card from any supported GSM carrier worldwide.」と記載がある。

このany supported GSM carrier worldwideというのが、何を意味するのかという解釈の仕方で全然違った意味になる。当方は、SummaryにUse this article to find links to wireless-carrier support and basic information about the services currently supported. と書かれた「Locating iPhone wireless carriers」というページが用意されていて、そこには追加情報としてiPhone is available for purchase and activation through Apple, wireless carriers, and authorized resellers (not all options are available in all countries or locations). と書かれている以上は、iPhoneをサポートするGSMキャリアと捉えるのが自然だと考え、この記事を掲載したわけだが、現状ではそれが正しいのか誤っているのか分からない。何しろ、SIMフリーはおろか、iPhone 4Sそのものがまだ発売されていないのだから。

iOS 5 betaで使えなくなったdocomoのSIMも、iOS 5 GMでは問題なく使えるようになったらしい。しかしながら、そのiPhoneは4Sではないし、これから販売されるiPhone 4 8GBでもない。それを踏まえての話であることに留意して欲しい。

/*—ここでも、端折った書き方で単に「使えるようになった」と書いているが、当方が問題にしているのは運用面ではなく、docomo SIMだけでアクティベートできるかどうか分からないということだ。—*/

追記:※言葉が足りずに余計な混乱を招いたようで申し訳ない。もっとも、混乱しているのは当方かもしれないが。さておき、何度も繰り返しているが、当方が問題視しているのは例えばdocomo SIMでの運用面ではなく、アクティベートのためにいちいちSBのアクティブマイクロSIMが必要になるかもしれないという点だ。

アクティベートさえしてしまえば、運用は問題なくできると思っているが、そのためにSBのアクティブマイクロSIMが必要というのは面倒な話だ。SBのアクティブマイクロSIMを用意できない場合には、SIMフリーのiPhoneの意味がないものになるという観点から話を始めている。

確かに、今まではdocomo SIMでもアクティベートできたが、iPhone 4S発売以降は分からない。CDMAをサポートしているはずなのに、SIMフリーのiPhone 4SではGSMキャリアしか使えないのはなぜか?An unlocked iPhone may be activated on supported GSM carrier networks. に続けて、See www.apple.com/iphone for more information. と記載しているのはなぜなのか?と考えたところから、iPhone 4S発売以降は、アクティベートするのにはSBのSIMが必要になるのではないか?という考えに至り、この記事を掲載した。

現在の段階では検証できない話であるし、アクティベートだけの話なら(SBのアクティブマイクロSIMを用意できるならば)問題ないと考える人もいるだろう。それでも、そうなった場合には面倒だ。できることならそんな面倒は避けたい。でも避けられないかもしれない。11月になれば答えが出るだろう。それまでは、なにも始まらない。

追記:※とおりすがりさんにコメントで教えていただいた。ブログ^Hさんが、SIMフリーのiPhone 4SでCDMAが使えない理由を詳細に解説されている。自分はCDMA版iPhoneにはSIMが存在しないから、アクティベートできない。だからSIMフリーのiPhone 4SではCDMAが使えない、程度の認識だったので参考になった。

追記:※言葉が足りなかったり、iOSに対する謝った疑惑などを記事にしてしまい申し訳ない。皆さんからコメントや情報をいただき、追記という形で記事を続けたことでよけいに混乱を招いた(自分が混乱した)かもしれない。かさねて申し訳ない。

何度も言うようだが、当方が問題視しているのは運用面ではなく、アクティベーションの部分だ。アクティベートさえしてしまえば運用は可能なはずだという認識は最初から変わっていない。

当初はiOS 5に対する疑念だったが、iACJBさんにいただいたコメントで、それがどうも違うようだと感じ、iOS 5に対する疑念は消えたものの、どこかのサイトでiPhoneにはキャリアを認識する機能があるというような記事を見つけたことや、SBの料金プラン発表時の「SIM LockはAppleのマーケティング」というような発言等から、iPhone 4Sになったらアクティベーションに制限がかかるかもという疑念は消えなかった。

そのアクティベーションの部分がiPhone 4Sになったときにどうなるのかという疑念が抜けきらないでいるので、追記、追記で記事がどんどん延びてしまったわけだ。ちなみに、追記は時系列順に並んでいる。/*—と—*/で囲んだ部分は当該記事に対する訂正や補足ということで時系列は無視されている。

追記:※みなさんから情報や事象等をコメントをいただき、とても感謝している。こういうことがあったという事象はケースバイケースで、その時々の環境等でいつも同じように起きるとは限らないから、あくまでもひとつの事象に過ぎないが、だからこそ通常では知り得ない事象が起きることもあることを知ることができるわけだ。またいただいた情報はとても参考になった。ありがとう。

追記:11月11日に香港でもiPhone 4Sが販売されるわけだが、11月9日現在では、日本国内で通販等で購入できるのは、オーストラリア/カナダ版とからしい。

Appleリテールストアの販売価格の倍付けくらいの価格で販売されているのは置いておくとして、サイトの案内を見ると「弊社にて動作確認・アクティベーションを行った後に発送致します。」との文言がある。この状態なら、日本到着後は普通にdocomo SIMで運用可能だよね。

知りたいのは、Appleリテールストアで購入したものが、現地でローミングではなく、日本に於いてdocomo SIMでアクティベーションできるか?なんだけど、まだそのへんの話は伝わってこない。

  • トラックバック 停止中
  • コメント (31)
    • iACJB
    • 2011年 10月6日

    こんばんわ。悲報が出ている中恐縮ですが、シンガポールでは既に上記に述べられている事が始まっています。ファクトリーアンロックを購入しても純正?キャリヤーのSIMが無いとアクティベーション出来ないらしいです。(iPhone4)

      • skydog
      • 2011年 10月6日

      そうなんですか?ということは、iOS 5ということではなくて、iPhoneそのものにキャリアを認識する機能があるということなんだ。それって、ちょっと厄介ですね。

    • iACJB
    • 2011年 10月6日

    弊社のシンガポール駐在員がiPhone4を購入した時にそうなっていたらしいです。因に今年の4月です。SIM持っていれば問題はないですが。明日キャリヤー名聞いておきます。

      • skydog
      • 2011年 10月6日

      情報ありがとうございます。4月の時点でそうだったということは、White iPhoneが販売された後からそうなったということなんでしょうかね。

    • 2011年 10月7日

    シンガポールに駐在している者です。私も2010年10月にシンガポールのアップルストアでiPhone4(SIMフリー)をネット購入しました。パソコンのiTuneでiPhone4をアクティベートした後に手持ちのシンガポールSIMカードを(寸法カットして)使おうとしましたが3G通信はできませんでした。日本ソフトバンクSIM(シャープガラ携で使用中のモノ)を入れてみてもローミング通信不可。M1というシンガポールの3番手通信キャリアの窓口に相談してみたら、窓口にあるパソコンにつないでくれて何か操作した後にM1のプリペイドカード(iPad用なのでデータ通信のみ、音声通話不可のタイプ)で通信可能となりました。作業は無料でした。詳しく分かりませんがAPNの設定を変えているか、ソフトパッチのようなものが追加されている様子です。その後は快適にデータ通信できています。ちなみにM1キャリアでもiPhoneは標準的に販売されていますが、月額S$38~70位の2年縛り契約が基本。プリペイドSIMは通常のままではiPhone非対応だそうです(他窓口の話)。こんな状況なのでiOS5にバージョンアップするとトラぶりそう、しばらく様子見しようと思います。 ご参考になれば。

      • skydog
      • 2011年 10月7日

      コメントありがとうございます。SBでも黒SIMじゃないとダメだということは想像がつきますが、販売されている地域のサポートしているSIMが必要になるということになると厄介ですね。APNの設定だけならなんとかなるんですけど、それ以外の要素があると判らないですね。

    • 通りすがり
    • 2011年 10月7日

    去年の秋、シンガポールの友達から送ってもらったiPhoneを、ベトナムでアクティベートしました。キャリアはmobifoneです。
    ちなみに、ベトナムでiPhoneを扱ってるキャリアはViettelとVinaPhoneです。

    そもそも、supported GSM carrierは、iPhone販売キャリアじゃなくて3Gをサポートしてるキャリアって意味の気がします。。

      • skydog
      • 2011年 10月7日

      コメントありがとうございます。やっぱりいろいろな事象があるんですね。皆さんいろいろな情報を寄せていただいて感謝しておりますが、当方が記事にしたのは昨日更新された「About the Unlocked iPhone」の内容からです。つまりは、これから起こる可能性の話です。
      それから、supported GSM carrierの件ですが、Locating iPhone wireless carriersなんてページが用意されていて、その内容は「Use this article to find links to wireless-carrier support and basic information about the services currently supported. 」となっていて、日本ではSoftBankだけが掲載されています。ですので、3GをサポートしているキャリアではなくiPhoneをサポートしているキャリアと考える方が自然のような気がします。

    • 通りすがり
    • 2011年 10月8日

    はい、両方とも原文読んでのコメントです。おっしゃることはわかりますし、未来のことはわからないのでその可能性もあるとは思いますが。

    というか、About the Unlocked iPhoneはたった今、ページが見れなくなっちゃいました。

    アクティベートだけの話であれば、SBのsimが必要でもいいですが、ちょっと面倒ですよね。。

      • skydog
      • 2011年 10月8日

      コメントありがとうございます。確かに「If you don’t want a multiyear service contract 」から始まる部分を読むと、GSMキャリアのmicro-SIMを入れればすぐに使えるようになると書かれていますが、旅先で買うという話ではないですよね。その手前で、例えばAT&TのSIMでアクティベートしておく必要があるということで、当方の話はタイトルの通り、例えばdocomoのSIMでアクティベートができるかどうか?であり、おそらくそれができなくなるのではなかろうかというところから、SBのSIMが必要になるという話を展開したわけです。アクティベートができれば、運用は問題なくできるはずです。実際、docomo SIMが使えなくなったと騒ぎになったiOS 5 betaのときも
      docomo SIMで運用していた人たちがいるわけですから。
      言葉が足りずに申し訳ありませんが、SBのSIMなしではアクティベートできないのであれば、運用には至らないということもありますが、使用できるかどうか分からないと書いているのは、運用できるかどうかということではなく、その手前のアクティベートできるかどうか分からないということです。
      それから、なぜ、見れなくなったのかわかりませんが、「About the Unlocked iPhone」は8日朝の時点では普通に開きます。

    • 通りすがり
    • 2011年 10月8日

    URL、見れるようになってますね。。当方でも複数ブラウザ、複数拠点で確認したのですが。。失礼しました。

    また、本文の追記も読ませていただきました。
    もしかしてもうご存知かもしれませんが、simフリー版iPhone4SがCDMAで使えない理由は、こちらのブログに詳しく書かれていました。
    http://blog.backspace.jp/2011/10/iphone4s-and-cdma2000-network.html

      • skydog
      • 2011年 10月8日

      コメント及び情報をありがとうございます。CDMA版にSIMカードが存在しないのはわかっていましたので、SIMフリー版iPhone4SがCDMAで使えない理由もおおよその察しはついていました。アクティベートするためのアクティブマイクロSIMが存在しないから、SIMフリー版iPhone4SはCDMAで使えない。となるとキーワードは、アクティベートとアクティブマイクロSIMということになり、追記に書いたように、iPhone 4S発売以降は、アクティベートするのにはSBのSIMが必要になるのではないか?と思ったわけです。いずれにしても、11月にならないと答えは出ません。来年にはiPhone 5が控えていますから、答えが出てからでも遅くないと思っています。

    • takasago
    • 2011年 10月8日

    ^H の者です。

    国内におけるiOS 5 GMでのiPhone 4は、SoftBankおよびNTTドコモのSIMカードでアクティベーションできますし、NTTドコモは正式にmicroSIMカード(miniUIMカード)を供給しているキャリアです。また、同社MVNOである日本通信などもiPhone 4のためにmicroSIMカードとiOS端末を供給しています。
    iOSとしてそれらキャリアでの利用に制限を掛けているものではありませんし、これからも(バグ以外の理由で)NTTドコモなどでの利用を制限することはないと思います。

      • skydog
      • 2011年 10月9日

      コメントありがとうございます。おっしゃるとおり、iOS 5betaのときはバグがあり、GMではそれが修正されているようですので、iOSがキャリアに制限をかけることはないと思います。ですので、記事中の文章には誤りがありました。その後、いくつかのコメントをいただき、またいくつかのサイトからの情報があり、そこから、追記、追記で話が進み、端末側にキャリアを認識する機能があった場合にどうなるのか?現状では問題がないとはいえ、4Sではどうなのか?というところの話に変わってしまったところはありますが、すべては、検証した上での話ではありません。あちこちで見聞きしたことをまとめあげたら(もちろん、まとめ方が違えばまた違った話ができるのは承知しています)こんな結論がでたけど、どうなの?というところです。当方が最初から問題視しているのは運用面ではなくアクティベーションの部分です。これはiOS 5にあらぬ疑いをかけたところから変わっていません。アクティベーションの部分と運用の部分は切り分けられると思っています。これも理論的にではなく、単にそう感じているだけですが、SIM LockのiPhoneとSIM FreeのiPhoneを同じようにJailbreakしたときに、アクティベーションのときに大きな違いがありました。そのときに感じたことも今回の話に影響しています。いずれにしましても、貴サイトからは通常では知り得ない情報をいただき、コメントまでいただいたことに感謝しています。ありがとうございます。

        • takasago
        • 2011年 10月9日

        > これも理論的にではなく、単にそう感じているだけですが、SIM LockのiPhoneとSIM FreeのiPhoneを同じようにJailbreakしたときに、アクティベーションのときに大きな違いがありました

        ここに関しては、いわゆる〝hacktivation〟のために異なったように見えただけではないでしょうか。redsn0wやxpwn(PwnageToolやSn0wbreezeの実態)によるJailbreakでは、基本的にはhacktivationによって出荷時キャリアチェックをバイパスするため、そのような挙動に見えることがあるかと思います。
        iDevicesのアクティベーションに関しては一貫してAppleのサーバーによって検証が行われており、その検証の内容とは(iPhoneであれば)〝有効なSIMが挿入されていること〟です。SB版であればSBのSIMが必要で、アンロック版であればSBでもNTTドコモでも3HKでも何でも構いません。

          • skydog
          • 2011年 10月9日

          コメントありがとうございます。そうかもしれません。ただ、xpwnで〝hacktivation〟を入れたカスタムファームを作り、SIM FreeのiPhone 3GSをJailbreakした際には、SBもdocomoも認識しませんでした。xpwnで〝hacktivation〟を外してカスタムファームを作り直してJailbreakしても同様の結果でした。結局、Fimware.bundleを変えたxpwnでJailbreakした後に、Cydia抜きのredsn0w上掛けというおかしな手順でJailbreakしたら、SB SIMを認識しましたが、docomo SIMの場合は自動ではなくマニュアルでSIM IDをタップする必要がありました。一度認識してしまえば、あとは自動で認識するようになりましたが、同じ条件で同じことをしたのに違う結果が出た(xpwnでJailbreakした際にSIMを認識しなかった)ことと、SIMを認識するまでの様子に違いを感じたことで、SIM LockのiPhoneとSIM FreeのiPhoneではどこかが違うのではという感覚を持ったわけです。このことは、当方の環境によるもので、デフォルトの仕様とは関係なく、個々にいろいろな事象が起こりえるという事例のひとつかもしれません。ただそのときに持った感覚が今回の話に影響しているということです。

          • Hacktivationは〝本体を使えるようにするもの〟であってどのキャリアでも使えるようにするというものではありません。ですから、SBもドコモも使えないというその動作で正常です(Appleのアクティベーションサーバーを通っていないので、使用するための鍵が生成されてない)。その上で認証鍵のないSIMカードを使えるようにするために、ultrasn0wやGEVEYといったものがあります。

            なお、すべてのiDevicesにSIMロックはありません。アクティベーション時にApple側のサーバーでどのルートで販売されたかのデータベースを参照し、適切なロックを施します。SBであればSB SIMでなければいけない・SIMロックフリーであればどれでもよい、しかしSIMカードは刺さっていなければいけない、というのはこれが理由です。
            アクティベーション(またはhacktivation)が終わったあとは、ベースバンドとlockdowndによってソフトウェア的なロックが実現されるので、これらに動作エラーを起こさせて強制的にアンロックするものがultrasn0wやGEVEYです。

            • skydog
            • 2011年 10月9日

            コメントありがとうございます。おっしゃる通りです。それを忘れて、〝hacktivation〟を入れたカスタムファームでJailbreakしてしまった。当然、SBもdocomoも認識しない。で、〝hacktivation〟を入れたカスタムファームであったことに気がついて、〝hacktivation〟を外したカスタムファームを作り直し、Jailbreakし直したわけです。それでも、SIMを認識しなかったということです。
            〝hacktivation〟を入れたカスタムファームでJailbreakした場合の動作としては正常ですが、〝hacktivation〟を外したカスタムファームでJailbreakしても、SIMを認識しなかったというのは正常な動作ではありません。
            ところが、redsn0wを上掛けしたら(ここでは〝hacktivation〟を外すというoptionがあったかどうか覚えていません)SB SIMを認識したということです。こんなおかしな手順が有効だなんてという気がしますが、事実なので仕方がありません。

            Apple側のサーバーでデータベースを参照という話は、データベースを書き換えてFactory Unlockedにするいう業者の話で知っています。ですから、すべてのiDevicesに本来はSIMロックがないというのも理解しています。ですので、SIM LockのiPhoneとSIM FreeのiPhoneは違うと言っているのでなく、どこかが違うのではという感覚を持ったといっているのです。

          • キャリアロックの有無での動作の違いというか、アクティベーション周りの動きに関しては、SAM/SAMprefsを使うとおそらくそこら辺の違和感が解消できるかなと思います(activation/hacktivation周りのステートを初期化できます)。

            • skydog
            • 2011年 10月10日

            コメントありがとうございます。そうかもしれません。ただ、それ以前にSIM LockのiPhoneでSAM/SAMprefsを試してみたのですが、手順が悪いのか、何度やってもうまく行かない状況でした。それと、redsn0wがエラーを吐かずにまともに機能したのが後にも先にもこのときの1回きりだったので(もっとも、xpwnでJailbreakした後に、Cydia抜きのredsn0w上掛けなんてのは他ではしていませんので、もしかしたら、その場合だけはうまく動作するのかもしれませんが)、SIM FreeのiPhoneでは試すことができませんでした。

    • 愛読者
    • 2011年 10月9日

    いつも様々なことを参考にさせていただいており、楽しみに読ませていただいております。

    iOS5、iPhone4/4Sについて気になることがあったのですが
    UNLOCK版のiPhoneでdocomo SIMを使用した場合
    3Gが使用不可と記述があったのですが
    それはAPN設定にロックがかかっており
    パケット通信は不可能だが、電話は使用できるのでしょうか?

    もし、UNLOCK版が他者のSIMを入れて
    通話すらも出来なかったらなんの為の
    UNLOCKなのだろう?と思ってしまったのと、
    現在docomo SIMで通話のみしているので
    気になったのでコメントしました。

    よかったら返答頂けるとありがたいです。

      • skydog
      • 2011年 10月9日

      コメントありがとうございます。記事中に3Gが使用不可という記述をした覚えがないので、もう一度記事を読み直したところ、シンガポールに駐在されている星さんのコメントにそれを見つけました。
      ですから、当方ではその詳細までは分かりません。なので、あくまでも推測ですが「3G通信はできませんでした。」と書かれていることから音声通話はできたのではないかと思います。

    • SIMロックフリー版であれば設定にAPN設定画面が表示されますので、そこに適切なAPN情報(mopera.ne.jpなど)を書き込めばNTTドコモのネットワークで3G通信も問題なく利用できます(私がその状態の利用者です)。

        • skydog
        • 2011年 10月9日

        コメントありがとうございます。ですが、愛読者さんの質問は、APN設定ができるできない、あるいはするしない、に関係なく音声通話が可能かどうか?というものだと思いますが。

        • 現在音声通話を使用されているようですので、それと変わらない状態だと思います(そこにAPN設定を行えば3G通信も可能、ということです)。

    • まっくん
    • 2011年 10月10日

    昨年10月にシンガポールで購入したSIMフリー iPhone4 32GBを
    日本通信bMobileTalkingSIMで使っています。

    また今年4月にはドコモにMNPの実験をしたところ、普通に使えましたが、日本通信からMNPの翌月分も請求され、ドコモからはPCと同じ13000円超え請求され、結果的に日本通信の時と対してスピードアップしなかったため(bMobileでDL500K DocomoでDL800K程度でした)あほらしなってまた日本通信にもどしたところです。

    当然bMobileでもドコモもAPNの設定を変える必要があります。

    ドコモSIMでお使いなるのは自由ですが、APNがmopera.netでPCと同じ扱いになりますので、パケホーダイフラットではないことを十分注意してください。

    そんなわけで、4Sシムフリーもよいかなと思いつつ、今度はAUで使ってみようかと取り合えずAU予約してみました。

      • skydog
      • 2011年 10月10日

      コメントありがとうございます。まっくんもシンガポールですか。シンガポールで購入される方が多いですね。
      docomoでは10,000円超えとなることは十分に理解しています。iモードは不要なので使いません(docomoで15年、iモードの契約をしたことがありません)が、docomoがSBと比べて優れていると思うのは、電話としてちゃんと使えることと基本料に無料通話分がついていることです。auは使ったことがないのでわかりません。

    • まっくん
    • 2011年 10月10日

    ちょうど親戚が長期出張中でしたので、自分で予約して転送してもらうだけで済みました。SBは穴だらけですが、ピークはドコモより早かったですね。また最近ではドコモもスマフォとルーターだらけでかなりスループットが落ちてきたと思いますが、FOMAのエリアは流石に立派です。

    SBMは回線の悪さと値段と引き換えにしてますので、リーズナブルかと思います。

    AUはWINスタート時は、800Mhzの網広さが強く、FOMAよりも遠くまで届き愛用してたのですが、旧MOVA800NHzへ移行しているため、また2Ghzは、ドコモにかなり遅れて打っていましたので、結果的に800MHzを加えたドコモにエリアと質で負けましたが、スマフォによるデータの爆発で、WiMAXへのオフロードや、一昨年買収したWiFiオペレーターとの事業がスタートした結果、来年後半から巻き返しが始まりそうです。

    iPhone5でWiMAXがのれば(USはSprintがいますので)LTEが急速に広がらない限りAUの強さが出てくるのではないかと読んでいます。

    まあ、あとJCOM電話だとAUは無料でかけ放題というのも魅力的ですが。

      • skydog
      • 2011年 10月10日

      コメントありがとうございます。「JCOM電話だとAUは無料でかけ放題」、これを享受できる環境なら大きなメリットですね。

    • MitsuYos
    • 2011年 10月15日

    記事参考にさせていただきました。ありがとうございました。
    自分はまだDocomo/GalaxySの縛りも残っており、今回のiPhone4Sを機にUnlock版を考え始めていましたが。暫くは様子を見た方がよいみたいですね。

      • skydog
      • 2011年 10月15日

      コメントありがとうございます。どうしてもiPhoneが、というのでなければ、Docomo/GalaxySの縛りが終わるのを待ってからでも遅くないかも知れませんね。来年にはiPhone 5でしょうから。

コメント 停止中