OS X LionからSnow Leopardへダウングレード!?

OS X Lion祭りに乗ってしまい、勢いでSnow LeopardからLionへアップグレードしてみたものの、使えないアプリがあることに気がついて、代替えのアプリもない上に、そのアプリなしでは生きていけないことに気がついた。なんて人は、なんとかSnow Leopardに戻せないものか?と思案に暮れているかもしれない。

思案に暮れるなんて聞くと「Champ Clair」を思い出して、二十歳の原点 (新潮文庫)へ想いがとんでしまう人もいるかもしれないが、とりあえずそれは置いておいて、OS Xのダウングレードの話を続けよう。

まず、手元にSnow Leopardのインストールディスクがあるかどうかを確認すること。OS X Lion発売以降に新しくMacintoshを購入した場合は、OS X Lionがプレインストールされていて、インストールディスクが付いてきていない場合がある。

また、現行のMac mini及びMacBook Airは、Lion以前のOS Xをインストールすることができないし、起動もしない。

それ以外のMacであれば、LionプレインストールであってもSnow Leopardをインストールし、起動することができるはず。要は、Snow Leopardで動作するMacであるかどうか?Snow Leopardのインストールディスクがあるかどうか?ということ。

( 追記:※現在販売されているMacBook Pro等には、発売当時プレインストールされていたSnow Leopardのバージョン以上のインストールディスクが必要になる。例えば。MacBook Proの場合、発売時(2011年2月)にプレインストールされたSnow Leopardは10.6.6だったので、10.6.6以上のインストールディスクが必要ということになる。)

もっとも、使っていたアプリが動かなくてSnow Leopardに戻したいということであれば、Snow Leopardで動作するMacであるだろうし、Snow Leopardのインストールディスクもあるはず。

OS X SnowLeopard

OS X SnowLeopard

さて、ここからが本題。

Snow LeopardでMacを使っていた時に、Time Machineでシステムディスク全体のバックアップを取っていれば、簡単にSnow Leopardへ戻すことができる。

MacApp StoreからOS X Lionをダウンロードして、そのままインストールしたのであれば、RecoveryのためのRestore HDが作成されているはずなので、Optionキーを押しながらMacを起動し、起動ディスクとしてLion Restore HDを選択することで、Recovery Modeで起動する。

Macが起動したら、オプション選択でTime Machineのバックアップから復元を選ぶ。外部HDD等にTime Machineのバックアップが保存されている場合には、そのHDD等を接続して、画面の指示に従い作業を続けることで、Snow Leopardへ戻すことができる。

OS X Lionのインストールディスクを作成して、クリーンインストールをした場合等のように、Restore HDが作成されていない場合には、Snow Leopardのインストールディスクから起動(インストールディスクを入れて、Cキーを押しながら再起動)して、オプション選択でTime Machineのバックアップから復元を選ぶことで、同様にSnow Leopardへ戻すことができる。

HDD_Restore

HDD_Restore

ディスクユーティリティのバックアップ機能を使って、別のHDD等に起動ディスク全体をバックアップしてある場合には、Snow Leopardのインストールディスクから起動して、オプションからディスクユーティリティを起動。

復元タブをクリックして、ソースにバックアップHDDを、復元先にLionがインストールされている起動ディスクを選び、復元を実行することでSnow Leopardへ戻すことができる。

Snow Leopard

Snow Leopard

システム全体のバックアップを取っていない場合には、改めてSnow Leopardをインストールし直す必要がある。

Snow Leopardのインストールディスクから起動して、オプションからディスクユーティリティを起動。LionをインストールしてあるHDDを初期化してから、Snow Leopardのインストールを行う。

インストールが終了したら、ソフトウェアアップデートを利用する等して、10.6.8へアップデートしておくこと。

10.6.8 v.1.1 Mac OS X 10.6.8統合アップデートのダウンロードはAppleのサポートから可能。

  • トラックバック 停止中
  • コメント (6)
    • iacjb
    • 2011年 8月29日

    こんにちわ。お世話になります。張り切って最新版のMacBook Air(iOS Lion)購入しましたが、少々後悔しています。iPhone Explorer等が使用出来ず困っています。Snow Leopardには絶対に出来ませんかね?御回答宜しくお願い致します。

      • skydog
      • 2011年 8月29日

      どうもです。残念ながら、現行のMacBook AirはLion以前のOS Xでは起動しません。なので、無理矢理Snow Leopardをインストールというか、Snow Leopardを起動ディスクに入れることができたとしても、無駄になります。iPhone Explorer等のLion対応を待つか、代替えのアプリケーションを探すしかありません。

    • iacjb
    • 2011年 8月29日

    何時も早々の回答有り難う御座います。衝動買いしてしまいました。気長に待ちます。

    • ksmdmy
    • 2011年 8月30日

    初めて質問させていただきます。
    長年仕事で使用していたMacBook(10.4.11)の動作がここ最近不安定になり、
    取り急ぎ新しいマシンを買うことになりました。

    そこまでPCに詳しくないのですが、自分なりに少しずつスペックの意味などを学び、現行商品をカスタマイズして
    Mac book pro /15 inch /2.2GHz クアッドコア Intel Core i7/ 8Gb 1333MHz/ 500Gb 7200rpm1
    を購入しようと思ったのですが、新OSのLionではこれまでのアプリケーションが動かないことがよくあるということと、Snow Leopardであればロゼッタが入っているためにPPC用アプリケーションでも動く(古いシステムで動くアプリケーションでも動く、と簡単に理解しています。) ということを知りました。
    整備品等も見ましたが、仕事上、マシンに負荷の大きい計算をさせることが多く、マシンのスペック(処理速度)はよい方がいいです。
    なので、上述のマシンを購入し、初期設定の段階で、別途snow leopardのインストールディスクを購入、クリーンインストールしたいと思っています。
    現行の新Mac book proでもsnow leopardがインストールできる、と理解してよろしいでしょうか。
    そうすれば、万事解決なので、どうかご回答いただけますよう、よろしくお願いいたします。
    長文失礼いたしました。

      • skydog
      • 2011年 8月30日

      現行のMacBook Proは、20011年2月に発売されたものです。当然、Snow Leopardで動作します。Lionプレインストールとなっていて、Snow Leopardが付属しませんが、別途、Snow Leopardのインストールディスクを用意できるのなら、ディスクを初期化した後、Snow Leopardをインストールして使用することが可能なはずです。
      追記:※ひとつだけ注意点があります。発売当時、MacBook ProにインストールされていたOS X Snow Leopardは10.6.6でした。ですから、10.6.6以上のSnow Leopardのインストールディスクが必要になります。その点を十分に注意してください。
      さらに追記:※「現行MacBook Proを購入して、SnowLeopardをインストール!?」を記事として掲載しました。そちらも参照してください。

    • ksmdmy
    • 2011年 8月30日

    大変ご丁寧にご回答いただきありがとうございます。
    ただ、インストールディスクが簡単に手に入ると思っていたのですが、
    ウェブ上では10.6.3までしかまだ見つけられていません。
    もう少し探してみて、手に入らなければ追記いただいた方法を試してみようと思います。
    ありがとうございました。

コメント 停止中