顧客を喜ばせるか、苛立たせるか、それは大きな問題のはずだ

Tim Cook e-mails Apple employees

Tim Cook e-mails Apple employees

Appleの新しいCEOになったTim Cookが全従業員に送ったメッセージを、ars technicaが掲載している。

内容の解析は他のサイトに任せるとして、気になる部分の話を少しだけ。

We are going to continue to make the best products in the world that delight our customers and make our employees incredibly proud of what they do.

Appleらしいなのと思うのはこの件、「世界最高の製品を作り、顧客を喜ばせ、従業員が自分たちの仕事に大いに誇りを持てるように」というところ。

「顧客を喜ばせ」というセンテンスを抜いた「世界最高の製品を作り、従業員が自分たちの仕事に大いに誇りを持てるように」というのなら、他の企業でも言ってそうだけど、日本の企業のように、臆面もなく「おもてなし」なんて言葉を平気で使えるところには、真に「顧客をよろこばせ」ようなんてこれっぽっちも考えていないだろう。

世の中には、わざわざ顧客を苛立たせるようにし向けた製品をリリースしている企業もあるし、それをリスペクトしている輩も大勢いる。結局は選ぶ側の消費者の問題なんだろうな。

そうそう、勘違いされてもいけないので断っておくと、Appleとアップルは別物だから。少なくとも自分の中では、Macintoshを使い始めた20年前からずっと、その感覚は変わっていない。

まあ、それも個人的な感想にすぎないけどね。

コメント 停止中