iPhoneがウィルス(マルウェア)に感染したら

iOS用のウィルス対策ソフトはリリースされていない。まあ。仮にあったとしても、バックグラウンドでウイルス対策ソフトが動いていたら、バッテリーが保たないだろう。となると、パソコン用にあるような常駐するタイプのウィルス対策ソフトは出てこないかもしれない。

AppleのAppストアは審査が厳しいので、ウィルス(マルウェア)が仕込まれているなんてことは考えにくい。もっとも似たようなことをするアプリはあるんだろうけど。

ともあれ、危険なのはJailbreakしたiデバイスということになるかな。いわゆる野良アプリをインストールすることができる訳だからね。

バッテリーの減りが早いとか、CPUパワーを何かに使われて動作がもっさりしているとか、それなりの兆しがあるはずだから、注意していればウィルス(マルウェア)を見つけることはできるはず。

例えば、poc-bbotなんて名前のプロセスが走っていたら、それはマルウェアだったりする。すぐにでも削除する必要がある。

Jailbreakしていれば、Mac / PCにはiPhone Explorerをインストールして、iデバイスにはCydiaからafc2addを(Serchをタップしてafc2addと入力 )インストール。

iPhone Explorerを起動して、rootから以下のファイルを見つけ出して削除する。

/bin/poc-bbot
/bin/sshpass
/usr/libexec/cydia/startup
/usr/libexec/cydia/startup-helper
/var/log/youcanbeclosertogod.jpg
/usr/libexec/cydia/startup.so
/System/Library/LaunchDaemons/com.ikey.bbot.plist
/System/Library/LaunchDaemons/com.saurik.Cydia.Startup.plist

場合によっては、生成されていないファイルもあるかもしれない。また、どこかからダウンロードした壁紙とかがあれば、それも削除しておいた方が’無難かもしれない。

iデバイスがウィルス(マルウェア)に感染したときに心配なのは、母艦であるMac / PCに接続したときに、そちらへ侵入・感染すること。なので、パソコンのウイルス対策はしっかりしておくこと。

今では、Macだから安全なんてことはないし、PDFやFlashファイル、jpg画像等々、ウィルスの危険はずっとパソコンの方が大きい。

例えば、Macなら「VirusBarrier Plus – Intego」[Mac App Store]とかをインストールしておけば、マルウェアや、PDFマルウェア、Flashマルウェア、Linuxマルウェア、キーロガー、ハッカーツール、そして危険なスクリプトから保護してくれる。もちろん、iデバイスを接続したときには、iデバイスのウィルスチェックもできる。

繰り返すけど、Mac / PCのウィルス対策はしっかりやっておくこと。

追記:※iPhone用のウィルス対策アプリ「VirusBarrier – Intego」がリリースされている。転ばぬ先の杖かもしれない。

  • トラックバック 停止中
  • コメント (2)
    • bucci
    • 2011年 5月18日

    この記事の掲載ありがとうございます。
    ifunboxで確認したら・・・・
    ありました・・・・
    早速削除しました。
    バッテリーの持ちがかなり悪かったので削除後
    様子を見てみます。
    充電時に充電画面にならないのiphoneですが
    (何が原因かわからず・・・)
    これもウイルスですかね?それともアプリがバッティング
    しているのですかね?

      • skydog
      • 2011年 5月18日

      お役に立ててなによりです。充電中の画面が表示されない件ですが、原因はわかりませんが、同じ症例で「バッテリーを使い切ってから充電をしたら、表示されるようになった」という改善例がありました。一度、試してみてはいかがでしょうか?

コメント 停止中