ストップ !! ひばりくん ! / 江口寿史

ストップ !! ひばりくん !

ストップ !! ひばりくん !

iTunesのApp. Storeを眺めていたら、とんでもないものを発見してしまった。あの江口寿史氏の作品「ストップ!! ひばりくん!
icon」が電子書籍化(じゃなくてiPhone App化が正しいもの言いだよな。書籍化せずにアプリにした理由を考えると、いや考えずにおこう。)されるとは思いもしなかった。

「極めて洗練された画風」と評される独特のタッチでファンも多かった(多い?)江口寿史氏の作品をリバイバルさせたことの意味は大きい。いろんな意味で稀代のクリエイターであった(ある?)江口寿史氏の作品「ストップ!! ひばりくん!
icon」をiPhone Appとして復活させたNTT Solmareに賛辞を送る。

だけど、全12刊の分割にした意味がわからない。115円×12=1,380円とかって、思わず計算しちまった。確かにこのコマ割は見やすいし、いかにも江口寿史的ではあるけれど、このコマ割りのせいでページ数が増えているのをうまく利用したのかと勘ぐられてもしかたないかも。

まあ、自炊することなく、って現存してたらそれはコレクションだろうし、今になって「ストップ !! ひばりくん !」をiPhoneで読めるのなら1,380円は高くないのかもしれない。

下の画像は、江口寿史作品集1980年代と1990年代の2冊。EGUCHI HISASHI WORLD(江口寿史の世界)という何となく納得しそうなタイトルがついた作品集で1995年に発刊されたもの。

EGUCHI HISASHI WORLD(江口寿史の世界)

江口寿史作品集1980年代と1990年代

コメント 停止中