iPhone 3GS old bootromはUntethered Jailbreakが当たり前?

iOS 4.3b1、4.3b2

iOS 4.3b1、4.3b2

iOS 4.3bの3GS用bundleがリリースされていたので、SHSH blobsを保存しておきたいというよこしまな考えで、PwnageTool 4.1.2でカスタムファームを作りJailbreakしてみた。

final ramdisk.dmgの作成

final ramdisk.dmgの作成

問題なのがramdiskの作成で、リリースされているramdisk makerはiPhone 4用なので、それを適当に書き換えてやってみた。とりあえず出来上がったramdiskを、PwnageToolで作ったカスタムファームの中のものと入れ替え、iTunesで復元してみたのだが、復元中のプロセスバーが最後まで行って、再起動するところでエラーになる。

おそらくramdiskがうまく作れていないということなんだろう。で、リストアモードになっているiPhone 3GSをそのままにしておくわけにはいかないので、iOS 4.2.1のカスタムファームで復元(Jailbreak)するわけだけど、PwnageTool 4.2(Unofficial)で作ったカスタムファームを使うのでは芸がないので、以前、うまくいかなかったPwnageTool 4.1.3とminiml bundleを使って4.2.1へアップデート。redsn0wでJailbreakを試してみた。

結局、以前の検証時と同様に最後でredsn0wはエラーを吐いた。で、iTunesにiPhoneが2台表示されるということに。

仕方がないので、PwnageTool 4.1.2のパッケージにiPhone2,1_4.2.1_8C148a.bundleをコピー、さらにiPhone2,1_4.3_8F5153d.bundleに同梱されていたCydiaInstaller.bundleをコピーしてカスタムファームを作り復元(Jailbreak)してみた。

出来上がったJailbroken iPhoneはTutoriaに記載した「Jailbreak iOS 4.2.1 on iPhone 3GS(Unofficial)」と同じ状況で、Cydiaはインストールされているものの起動しない。

なので、CyberduckでSFTP接続をしてCydiaにpatchを当てるのだが、それも面倒なのでCydiaをアップデートしてみることにした。「cydia_1.0.3366-1_iphoneos-arm.deb」を使いアップデートしたところ、System Fileの再構築みたいなことが始まり、しばらくして何事もなかったように再起動。Cydiaは無事にアップデートして起動するようになった。

あとはUltrasn0wでUnlockして、バックアップからの復元をして通常時の仕様に戻したという、まったくもって無駄な徒労をまたやってしまった。30日までまだ5日もあるからって、よけいなことをするものじゃないな。

コメント 停止中