Sprit2PwnでiPhone 3GS/JB by SpiritもiOS 4へ

iOS 4 on iPhone 3GS

iOS 4 on iPhone 3GS

Firmware3.1.3のiPhone 3GS、Basebandは(iOS 4 betaを入れたから)05.13.03という状況で、Jailbreak OptionはSpritだけしかなかった。ところがSpritではUnlockできないし、3.1.3に対応した Unlock Toolもないとなると、Jailbreakの意味が・・・以下略。

そうこうしているうちに、Ultrasn0w 0.92登場でSpritでJailbreakしたiPhone 3GSもUnlockできるようになった。

iPhone 3GSにもiOS 4のアップデートはあるけれど、Pwnage Tool 4.0(4.01)では、「iPhone 3GS users who are jailbroken using Spirit, and with new bootrom should avoid upgrading to iOS 4 until new jailbreak tools are available.」なんて言われて、Spiritで簡単Jailbreakじゃダメなんだ。やっぱり、3.1.2のときにJailbreakしてないとダメなんだ。一部のiPhone 3GSユーザーの気持ちをほんの少し暗くしたけれど、Unlockできただけでも十分なので、とりあえず「待てば海路の日和あり」でそのうちにiOS 4へアップデートできるはず、なんて感じでいたところへSprit2Pwnなんてpatchがリリースされた。

で、Pwnage Tool 4.01で iOS 4 custom firmware を作成して iTunes 9.2でリストア。

要約:Firmware 3.1.3、Baseband 05.12.01 〜のiPhone 3GSをjailbreakできるのはSpritだけ。Unlockはultrasn0w 0.93で。old bootrom 359.3ならiOS 4にアップデート可能。Sprit2Pwnでpatchを当ててからPwnage Tool 4.01で作成した iOS 4 custom firmwareを使ってiTunes 9.2でリストア。(メモ書き)このときiPhone 3GS はDFU モードではなくてリストアモードにすること。それからBackUpを忘れないように。

Step by step:SpiritでJailbreakしたold bootromのiPhone 3GSはiOS 4.0にupdate可能。Cydiaを起動させて Manage、Sources、Edit、Addの順にタップ。

iWoowizのリポジトリ

iWoowizのリポジトリ

http://repo.woowiz.netとタイプして、Add Sourceをタップ。Sourcesに repository iWOOWIZが追加される。

iwoowizのリポジトリ追加

iwoowizのリポジトリ追加

iWOOWIZをタップ。下方にスクロールしてSpirit2Pwnを探してタップ。Install、Confirmとタップ。

Sprit2Pwn

Sprit2Pwn

これで、Pwnage Tool 4.01で作成した iOS 4 custom firmwareへアップデート、リストアできる。

追記:new bootromのiPhone 3GSにも対応したSn0wbreeze 1.7 for 4.0がリリースされたけど、Pwnage Tool 4.01と同様に 3.1.2 SHSH blobs  (ECID SHSH) filesが必要なので、3.1.3 Firmで new bootromの場合にはSpritのnext versionがリリースされるのを待てということらしい。

注意:Skynet Factoryが掲載する記事及びその管理者は、iPhone等の機器におけるJailbreak等を推奨するものではありません。また掲載された記事内容の全てを保証するものでもありません。記事内容と同等のことを実行されるのであれば全てご自身の責任の元で行うようにしてください。

コメント 停止中